今月のテーマのアーサナ

一木ヨーガスタジオでは毎月さまざまなテーマを決めて、アーサナを行っています。 その月ごとのテーマのアーサナの行いかたを写真付きで解説しています。

1月のテーマ【「基本を覚える(簡易体操1)」と「血行をよくして代謝を上げ、全体の引き締めにもつながる基本の確認」】

2018年、1年間を通じてのテーマは「覚える」と「引き締める」と決めました。
「覚える」は基本のアーサナで全員の方に必ず覚えてやっていただきたいアーサナです。「引き締める」はその月ごとに1ヶ所、特化した部分を引き締めるアーサナを行います。 例えば「二の腕を引き締める」とか「太ももを」引き締める、などなど月によって変えていきます。
講師全員で、自分自身の体験や身体の反応をもとに意見を出し合い「引き締める」アーサナを決めていきたいと思います。12月までずっと引き締めが続きますので、楽しみにスタジオに通ってくださいね。
もちろん、今まで通り「腰痛」「便秘」「肩こり」などなどお困りの症状の改善も同時に行っていきますので、それもお楽しみに。
そして1月のテーマは「覚える」が簡易体操の1です。また今月は引き締める具体的な部位はないのですが、それにつながる基本の確認をいま一度行います。
基本の確認とは
1.ゆっくり動かす
2.呼吸に合わせて動かす
3.自分の身体に意識を向けて行う
4.身体を緩める(シャバ・アーサナを行う)
の以上4つです。
これはヨーガの四原則で佐保田先生に一番最初に教わったものです。この四原則を守って、今月は簡易体操1を覚えて一人でも自宅でできるようにしましょう。

簡易体操1

方法

  1. ヴァジュラ・アーサナ(正座によく似ています。両膝を閉じ、踵をできるだけ外に出し、背中をまっすくに立てる)で座ります。
  2. 両手を両膝の前に置き、息を吐きながら背中をまるく目はおへそを見るようにしてさらに息を吐き切ります。
  3. 息を吸いながら、腰の下からしっかり反っていきます。
  4. 息を吐きながら、両腕を伸ばして腰の反りを保ったままお腹から足に近づけるように、上体を倒していきます。
  5. しばらく静かに保ったのち、息を吸いながら頭を起こし上体を起こして両手を両膝の前に戻します。

効果

  • 腰痛が改善します。
  • 血行がよくなり、基礎代謝があがります。
  • 自律神経が整い、心身ともに快適に過ごせるようになります。