ヨーガ体験談

一木ヨーガスタジオ・カルチャーセンターの生徒さんから寄せられた体験談のご紹介です。 ご本人からの了承を得て、原文のまま掲載しております。お読みになりたい体験談のタイトルをクリックしてください。

呼吸法と瞑想により、自律神経失調症の改善(大倉山スタジオ H.Iさん/男性)

いつもお世話になっております。

今年も健康診断の結果が返ってきました。 今年も悪いところはゼロでした。

三年前に朝ヨーガに簡易体操三番を取り入れてから、肝機能の数値が改善(以前は標準値を上回っていましたが、標準値内に収まるようになりました)しておりました。 今年(2016年度)は、試しに簡易体操三番ではなく「ウサギのポーズ」を取り入れてみましたが、やはり肝機能の数値は標準値に収まっていました。

私にとっては「ウサギのポーズ」でも肝機能への改善が見られたようです。 しかし一年やってみると、肩や胸への刺激が簡易体操三番の方が良さそうなので、また今年から簡易体操三番で続けてみたいと思っています。

今年はもう一つお伝えしたいことがあります。

十五年ぐらい前から自律神経失調症で、ずっと通院し、薬も飲んでいました。 良くなったり悪くなったり、ずっとそんな調子だったので、もう仕方ないことなのかな、と諦めていました。
しかし、二年ぐらい前から急に調子が良くなり、去年(2016年)の夏ごろから医者と相談して、少しずつ薬を減らせるようになりました。 以前は薬を一日三回(プラス寝る前にも睡眠時の薬)飲んでいましたが、今は朝に一回(寝る前の薬もなし)だけになっています。 このまま調子良ければ、来月にも薬をやめる相談を医者としたいと思っています。

二年ぐらい前に何があったか、と言いますと、二年半前から夜寝る前に呼吸法と瞑想を始めたことが思い当たります。 二つ合わせて五分ぐらいの本当に短い時間ですが、ずっと続けていたのが良かったのかな、と思っています。 すぐには結果はでないかもしれませんが、続けることが大切なんだと思いました。

これからも朝のヨーガ、夜の呼吸法・瞑想を続けていきたいと思います。 どうぞよろしくお願いします。

一木より
Iさん、昨年に引き続き体験談をありがとうございます。
Iさんがご自分の身体に注目して、熱心にヨーガをされている姿に佐保田鶴治先生の言葉を思い出します。
あなたは自分のことばかり考えてはいけません。あなたは自分と同じ苦しみを持つ人を助けるために、自分を実験台にするつもりで、ヨーガをおやりなさい。
佐保田先生のこの言葉は、私たち講師がつねに大切に思っている言葉です。
Iさんが書いてくださった体験談が、同じ苦しみをもつ方にとって間違いなく光になります。 本当にありがとうございました。

側湾症の改善(大倉山スタジオ M.Kさん)

一木より
今回の体験談は、先日のクラスで今月のテーマ(2016年3月)の説明を私からお聞きになったMKさんが、その日の夜くださったメールです。 私はクラスで、今月のテーマの「ねじるアーサナ」の効果の一つである側弯症の改善のお話しをしていました。 「側弯症は女性に多く、とくに思春期ぐらいから発症し、その時からヨーガをおやりになると、かなり改善が望めます。 が、大人になって出来上がってしまった身体では、もちろん改善は望めますがなかなかキビシイ。 でも側弯症による腰痛などは必ず改善できるので楽しみにしてね」 などと話していました。 その夜にいただいたメールに私は本当にビックリしたのと、ものすごくうれしいのとで、多くの側弯症の方に絶対読んでいただきたいと思いました。

一木先生、こんにちは。 今朝もありがとうございました。

帰りに先生が他の生徒さんとお話ししていらしたので失礼してしまったのですが、実は私は側弯症が治ったのですよ。

中学2年の時、腰痛で歩けない位で検査したら側弯症でした。 その後35歳から毎年受けている健康診断でもいつも側弯症と書かれていたのに、ヨーガを始めて3年目くらいから「側弯症」と書かれなくなりました。 35年くらい側弯症だったのにびっくりです。

それもねじりのポーズは毎日やっていたのではなくて、週一回お教室でやっていただけです。 いくつになってもヨーガをやっていたら変わっていかれるのですね。

一木より
MKさん、メール本当にありがとうございました。
側弯症は自分では気づかない方を含めると多くの方に見うけられる症状です。 でもこの体験談を読んで私も改善できるんだ、と希望を持ってヨーガを修習される方もいらっしゃると思います。 今さらながらですが、おそるべしヨーガです!

肝機能の改善2(大倉山スタジオ H.Iさん)

以前送らせていただいた体験談の続報です。

以前は、毎朝簡易体操の三番をやるようになってから肝機能が正常になったことをお伝えしました。

その後一年が経ち、先日、今年度の健康診断の結果が返ってきました。結果は、肝機能に問題なし、でした。やはり偶然ではなく、簡易体操三番が効いているのだと思います。

しかしながら、昨年末に教えていただいた「うさぎのポーズ」が、これも内臓を刺激する感覚があり、また、頭を下にするポーズのため目覚めにもいいように思い、今年からはこちらに切り替えています。

また次回の健康診断が楽しみです。

一木より
Iさん、ご報告本当にありがとうございます。肝機能に問題なし、の結果がとてもうれしいです。
それにしても簡易体操3はすごいですね。そしてしっかり実践されているIさんが素晴らしい!
また来年のウサギのポーズのご報告もいまから本当に楽しみにしています。
ありがとうございました。

痛みのない生活を取り戻して(大倉山スタジオIさん)

一木ヨーガに通い始めて丸二年になります。数年前までの私は、一年中外回りで動き回るような仕事をしていました。しかし甲状腺機能低下症を患ったことをきっかけに、頭痛・関節痛、筋力低下、胃炎・腎炎・腸炎とあらゆる症状が出現するようになりました。

内服薬によって甲状腺機能低下による倦怠感やむくみは軽減しても、筋肉や内臓の不調は残り、痛みが多数あることから線維筋痛症の疑いと診断されました。それからは数種類の薬を飲んで仕事と家を往復するだけ、毎日どこかに起こる痛みを我慢する生活を送っていました。

とうとう仕事も続けられなり退職した頃、外出先で一木ヨーガの広告が目に留まり、体験教室に行くことにしました。行きは教室に行くまでも関節が痛くて辛かったのですが、帰りの足はとても軽くなっていて驚きました。その日はとても体が温かく感じ、痛みも気にならずよく眠ることができました。

一回目のヨーガで得られた変化を信じて、入会後は週一回の教室のほか、覚えたことを出来る限り毎日自宅でも行いました。半年ほどすると様々な痛みが徐々に消え、一年後には処方薬も最低限の薬だけになりました。

教室では一木先生をはじめ、講師の先生方はいつも優しくお声掛けしてくださり、人と比べなくていいと言っていただくことがとても励みになり、思うように出来なくても落ち込まずに通い続けることができました。

一つ一つの動きの呼吸、自分の体を意識することがとても大切だと教わり、ストレッチや筋トレとは異なる効果を実感します。家では、基本体操のどれかと太陽礼拝をほぼ毎日行っています。ちょっと時間があるとき、その月に習っている呼吸法を。二日もさぼっていると、却って体が重くて落ち着きません。

ヨーガを始める前は体調悪化を怖れて何でも諦めてしまっていましたが、今は復職を含めて先のことを前向きに考えています。痛みがなければ趣味やいろいろな用事をこなせ、生活全般に楽しみがあります。ヨーガがあってこその今だと思っています。仕事を始めても、体調管理のために通い続けたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

一木より
本当にびっくりしました。いままでも体験談を読んで、こんなに大変だったんですね、と、ビックリする事はよくあったんですが、それにしてもこれは厳しい。辛かったですよね。
でもこれからはまた、ばりばりお仕事できますよ。Iさんにとって、ヨーガが日常の習慣となっているいま、自信を持っていろんなことをやってみてください。
いつもヨーガと共にあれば大丈夫!また新たに楽しい事がいっぱい待っています。体験談、本当にありがとうございました。

偏頭痛の改善(大倉山スタジオIさん)

ヨーガと出会って4年。一木ヨーガスタジオに通い始めて3年になります。今まで通っていたスクールと違って、どんな効果があるかがわかりやすく無理せずに痛いことをしない・・・という一木先生のお話が、私の中にすとーんとおちて週一のレッスンがとても楽しみになりました。

入会してすぐにカウンセリングを受け、私に必要なヨーガの教えていただき、毎朝、仕事に行く前に続けています。ストレスが多くハードな仕事で、長年肩こりと頭痛に悩まされ、頭痛薬が手放せない毎日ですが、週末のヨーガで仕事で疲れた頭と体をリセットして、なんとか頑張っています。

そんなある日、レッスンで簡易体操3番をしながら、一木先生の「頭痛の人にいいですよ。」の言葉を聞いて「あれ?そういえば、もう半年以上頭痛薬を飲んでいない・・・肩が凝って気持ちが悪くなる事もないなぁ。」うれしい発見でした。

毎日、10分くらいの時間ですが、ヨーガを続けていたご褒美ですね。これからも、細く長くヨーガを続けていけたらと思っています。

一木より
私も物心が付いた頃から頭痛に悩まされ、頭が痛くなると必ず吐く、という症状が続いてました。 ヨーガと出会ってからは片頭痛の頻度が少なくなってきて、やがて頭痛で吐くということは全くなくなりました。 いまは年に1回か2回、疲れが溜まったり寝不足が続くと少し頭が痛いかなぁと思う程度です。 (私の場合、そんな時は簡易体操3、ウサギのポーズなどをやって治しています) 片頭痛で悩んでいらっしゃる方がIさんの体験談を読まれ、ヨーガを始められると本当にいいですよね。 これからも朝の10分ヨーガ、続けてくださいね。

毎日行う事の大切さ(下痢・便秘・腰痛)(大倉山スタジオ C.Kさん)

一木ヨーガとの出会いは大学4年生の時。通っていた母の誘いで通い始めました。

繰り返す下痢と便秘や腰痛に悩まされており、一木先生のカウンセリ ングも受け「ちゃんと毎日お家でもやってね」とアドバイスいただきましたが、その当時の私はスタジオでだけ取り組むいわゆる“不真面目な生徒”でした。

その後進学、就職とバタバタした生活の中でスタジオからも足が遠のいてしまいました。そんな慌ただしい日々を送っていた社会人1年目のある日、激しいめまいと吐き気で救急車で運ばれ入院することに。検査をしても原因は分からず、この時自分自身で身体と心のメンテナンスをすることの大切さを痛感し、ヨーガを再開することに決めました。

再開した時に決めたことは、2つ。どんなに忙しくてもスタジオに行く時間や毎日ヨーガの時間を作ることと、苦手なアーサナほど意識して取り組むこと。

再開して半年が経った今、まず、忙しい毎日の 中でヨーガの時間を作るよう意識することで生活にメリハリがつくように。そしてヨーガの時だけでも日々の様々な考え事から離れて自分の身体と心に向き合う、それだけで自分の中にゆとりが生まれるのを感じることができるようになりました。

また毎日ウディーヤーナ・バンダをすることで、下痢や便秘になることなくちゃんとお通じが出るようになり、さらに嬉しいことにニキビ肌もキレイになってきました。「ちゃんと毎日お家でもやってね」という先生の言葉は、本当に魔法のようです!

嬉しい結果につながることは頑張れるのですが、苦手なことはどうしても避けがち。私は身体が硬く、ジャーヌシルーシァでほとんど前に倒れることができず、“携帯のようにぱたんと”など夢のまた夢、苦手意識が 強くあります。それでも先生の「人と比べない、膝の後ろが伸びていればそれで充分」という言葉を言い聞かせ、毎日取り組むようにしたところ、最近わずかに前に動き“前に倒れるかもしれない”と思えるようになってきました。

またヨーガを再開してからめまいも吐き気もありませんし、腰痛も和らいできました。これもヨーガのおかげです。

先生に「毎日やっててえらいねー」と声をかけていただく度に、毎日取り組むことは当たり前で褒めていただくなど恐縮すべきことなのでしょうが、“不真面目な生徒”だった私は飛び上がりたいくらい嬉しく、これからも頑張って毎日続けようと素直な気持ちになることができます。また、ヨーガの合間の小話も大好きで、くすっと笑ってたくさんパワーをいた だいています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ヨーガに出会って、ちょっとした心がけで少しずつですが変化が起きて、こんなにも幸せになれることを知りました。一木先生、スタジオの先生方のように身体も心も素敵な女性になれるように、ヨーガを毎日の習慣として積み重ねていきます。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

膝の痛みの改善(大倉山スタジオ M.Tさん)

一木先生に感謝です。右膝の調子が良くなっていました。

言われた通り、シカバネと易しいチャクラをやったことが改善につながったと思います。 筋トレは、痛いときは中々やり辛いですが、ヨーガなら難なく続けられます。

昨年の10月末に痛めてから約4ヶ月、整体に行ったり医者に行ったりしましたがヨーガが一番効いたと思います。 私がこのスタジオに来たきっかけも膝を痛めたことからです。 以前は左膝、山で転倒したのが原因でした。 一時は、歩けないかもとか、杖をつかないといけないかもとか憂鬱でしたが、妻の勧めでヨーガをやり始めました。

結局、痛めてから約一年かかりましたがヨーガを始めてからは半年ぐらいだったと記憶しています。 ヨーガをやってて今は良かったと思っています 。

スタジオでは、何かと不満めいたことを言っていますが、実は一番自分に合っているかなと思います。 今日は初めて右足のジャーヌシールシァアーサナで頭が膝につきました。 長々とつぶやいてしまいました。今後ともよろしくお願いします。

肝機能の改善(大倉山スタジオ H.Iさん)

昨日、11月に受けた健康診断の結果が返ってきました。

昨年度までは、血液検査で肝機能が引っかかっていました。 普段飲んでいる薬のせいだと思われるのですが、γ-GTPの値が正常値より高くなっているのです。(飲酒習慣はありません)

しかし今回は、γ-GTPも含め、血液検査のすべての数値が正常値に収まっていました。 生活習慣は特に変えていないので、思い当たるとすると、朝ヨーガに簡易体操三番を取り入れたことです。

実は、血液検査の数値が正常値に収まっているのは今回が初めてではなく、数年前にも一度だけありました。 その時は夜にもヨーガをやっていて、その中でジャーヌシルーシャを取り入れていました。

時間があまりなくて夜ヨーガをやらなくなってからはまた数値が戻ってしまったのですが、ジャーヌシルーシャが肝機能の値に関係するんだろうな、という予感がありました。

そこで、去年の夏ごろから、朝ヨーガに簡易体操三番を取り入れました。

ジャーヌシルーシャではない理由としては、
1. 朝は前屈はちょっときつい。
2. ジャーヌシルーシャより時間がかからない。
3. 内臓への影響は同じように感じられる。
といった点が挙げられます。

毎朝やっている中で、内臓への効果が感覚的にですが実感できていたので、健康診断が楽しみでした。

そしてその結果が上記の通り、「血液検査の結果がすべて正常値」というものでした。

これも普段のヨーガの中で先生方にいろいろ教えていただいたおかげだと感謝しております。 しばらくこのまま続けて、今年度の健康診断でどうなるかみてみたいと思っています。非常に楽しみです。

今後ともよろしくお願いします。

不眠症などの改善(大倉山スタジオ A.Oさん)

半年前から教室に通わせていただいています。

当初、自立神経の不調から体のいろいろなところにガタがきていました。 特に不眠症がひどく、夜中に目が覚めてしまうため、睡眠薬を飲んで何とか調整して いました。このまま薬だけに頼るのではなく、自分でも良くなるように何かしたいと 思っていたときに、一木ヨーガの存在を知り体験レッスンに参加しました。

まず驚いたのは、体のほぐしと基本体操をじっくり行うだけで、体がぽかぽかしてき たことです。また、初心 者にもわかりやすく丁寧に、ひとつずつのアーサナを説明 してくださるので、何の不安もなく初回から気持ちよくできました。

それから、とりあえず3ヶ月は通ってみようと思い、週1回教室に通い、家でも基本 体操やアーサナを毎日ちょっとずつ続けていくうちに、少しずつ嬉しい変化が出てき ました。 まずはお通じが毎日来るようになり、肩こりや腰痛などの症状が少しずつ良くなって いきました。そうして体が楽になってくると、日々の生活でも気持ちが明るく穏やか になってくるのがわかりました。

そんな中、もっとヨーガを知りたい、深めたいという思いが大きくなって、フリー コースに切り替えて通うようになりました。 そして、問題だった不眠症も少しずつ改善され、5ヶ月目ころ には薬を飲まなくて も眠れるようになりました。まさか始める前にはここまで改善されるとは! 夢にも思っていませんでした。

これもひとえに、一木先生を始め、先生方のおかげと思っています。 ヨーガと出会えて本当に幸せです。

まだまだ未熟者ですが、これからもヨーガを習慣として、日々経験を積んでいきたい と思います。

抗がん剤の副作用から復活(大倉山スタジオ M.Tさん)

3年前の人間ドックで乳癌が見つかり、部分切除の温存手術をしました。

術後の細胞検査で、リンパ節への転移も見つかり、半年間の抗がん剤、続いて3か月の放射線治療を受けました。 今も5年間のホルモン治療の道半ばです。抗がん剤と放射線の副作用は厳しく、通院以外ほとんど外出せずに横になってばかり。

9か月も臥せっていたことで筋肉はすっかり落ちて、駅の階段を登っても息切れするくらいの情けない体力になっていました。 放射線治療が終わって、散歩を始めましたが、一人で散歩していても気分は晴れませんし、夏が近づいてきて炎天下を歩くのもつらくなってきました。

そんなときに友人から、乳癌患者のヨーガクラスを勧められたのですが、場所が遠すぎました。 自宅近くに、闘病後の体力のない人でも参加できる楽な(?)ヨーガクラスはないかと、ネット検索して見つけたのが一木ヨーガでした。 ホームページに大病をされた方の体験記が載っていたので、これなら体力が落ちた私でもできるかも、と思ったからです。

ホームページを見た勢いで体験を申し込んだものの、75分のクラスを皆さんと一緒にできるかすら不安でした。 ところが、実際に体験してみると、疲れるどころか、終わってすっきりして元気になっている。 即座に入会して、フリークラスで毎日通い始めました。 抗がん剤治療を始めるときから休職していたので、時間だけはたっぷりありました。そのうち、毎日は疲れるので1日おきにしましたが、仕事のように勤勉に通いました。

当時の体調は最悪で、低体温、冷え、頭痛、肩こり、腰痛、便秘、めまい、不眠、胃もたれ、貧血、白血球や赤血球などすべてが少なく、 爪は黒ずんで割れ、一度は全部抜けた頭髪はまだ少なく、メスを入れた右脇周辺はすぐにむくむ。 その上、女性ホルモンは乳癌の栄養になるとかで、ホルモン治療は強制的に更年期状態にします。 私は婦人科系が強く、抗がん剤で生理が止まるまで、生理痛もなく周期も順調だっただけにその反動は大きく、うつやイライラなど不調は精神的なものにまで及びました。

フリークラスでクラスに通うと同時に、一木先生のカウンセリングも受けました。 自宅でやるアーサナなどのメニューを作ってもらうのですが、2〜3か月ごとのカウンセリングの度に症状が少しずつ改善していくので、メニューもどんどん変わりました。

最初に不眠と胃もたれ、めまい、頭痛が解消されました。1年位すると、低体温、冷えが改善され、血液検査の数値が向上してきました。 体力回復にあわせて、仕事も少しずつ増やしていきました。

体調が悪い時は、ヨーガ以外にも、体のケアにかかりきりでした。 リンパ浮腫防止のリンパマッサージ、リラックスのためのアロママッサージ、腰痛肩こりのための整体、 体の芯を温めるための枇杷の葉温灸、温泉、岩盤浴、癌に効果的だという断食、玄米菜食、人参ジュースと、考えられることはすべてやりました。 経済的にも大変でしたが、再発は怖いし、少しでも楽になりたいので、 背に腹は代えられません。 しかし、症状がよくなっていくうちに、こういったものもだんだんと疎遠になり、今では朝晩のヨーガ以外ほとんど何もやっていません。

ヨーガのおかげで、お金と時間を楽しみに回せるようになりました。 体力もだいぶ戻ってきて、人並みには仕事と家事の両立もできています。 (以前のように無茶はしませんが)昨年の夏休みには、ひとりで2週間の欧州海外出張に出かけました。

自宅で机に向かう仕事をしているので、書斎の片隅にヨーガマットをしきっぱなしにして、朝晩必ずヨーガをします。 自宅で行うヨーガは、カウンセリングで一木先生に組んでもらったメニューが中心ですが、だいぶアーサナも覚えたので、 そのときの体調にあわせて、自分なりに工夫しています。

便秘の薬はまだ飲んでいますし、パソコンの前に座る時間が長いため、ちょっと根を詰めると腰痛と肩こりは出ます。 でも、自分でコントロールできる程度まで軽減しました。首のほぐしと簡易体操1,2,3をやるだけで、整体に行かなくなりました。 メスを入れた右半身はむくみが出やすいのですが、上半身が気になる時は手の基本体操、下半身のときは足の基本体操か足のほぐしをします。 リンパマッサージより即効性があります。

「せっかく宝物をゲットしたんだから、使わなくちゃもったいない」という一木先生の言葉通りに、とても助かっています。

一人でもヨーガができるようになった現在、スタジオに通う目的も少し変わってきました。 もちろん、先生のガイダンスでアーサナを覚えたり深めたりする こともできますが、それだけではありません。 私は何でもきっちりやらないと気が済まない性格なので、カウンセリングでも、一木先生に頑張り過ぎず少し肩の力を抜いてとよく言われました。 一木先生のユーモアあふれるお話で笑うと、肩の力が抜けるので、笑顔を見にクラスに通っているという部分もあります。

また、一木ヨーガのなんともいえず暖かい雰囲気(一木ヨーガを信じて一生懸命クラスを盛り立てている先生方や生徒さんのオーラでしょうか)が居心地よくて、 一人で机に向かって根詰めた仕事の後は、つい足が向きます。

一木ヨーガに入会してまだ2年も経っていないのが自分でも信じられないのですが、入会当時の様子を思い出せないくらい、 心身共にすっかり体調がよくなりました。 仕事に も復帰して順調な毎日で、一木ヨーガには言葉で言い尽くせないくらい感謝しています。

まだホルモン治療も続いていますし、再発の可能性もあるのですが、ヨーガを続けていれば大丈夫、何とかなるさ、と根拠のない自信さえ生まれてきています。 これからも、ヨーガを信じて続けていきたいと思っていますので、一木先生はじめ先生方、末永くよろしくお願いします。

【一木より】

Tさん、体験談をありがとうございました。
Tさんが初めてスタジオに来られた時の事はよく覚えています。

緊張されているのか、少し厳しい表情で、 何かとても辛い思いをされているのかなぁ・・・と心配しました。

ヨーガを始められた頃は、体調もかなり悪いのにもかかわらず、 熱心にスタジオに通ってこられ、真剣に前向きにヨーガに取り組まれていましたね。 その姿には頭が下がりました。

とにかく私のアドバイスを素直に受け入れ、アーサナや呼吸法をやっていらっしゃいました。 ただ、Tさん自身も書かれていたように、やり過ぎる傾向があってそれが少し心配でした。 しかしいまは「力を抜く」というヨーガで一番大事なことをしっかり理解しておやりになってます。

昨年乳がんの手術をされた生徒さんが、 「いまの日本人の乳がん発生率は15名に1人」とお医者さまから聞きました、とおっしゃってました。 私は5年前に20名に1人と聞いていたので、さらにその発生率が高くなった事にびっくりしました。

事実一木ヨーガにも、乳がんの治療中の方や、 治療は終わっていて、さらに再発防止のためにヨーガを続けてらっしゃる方が何名かいらっしゃいます。

今回Tさんが書いてくださったこの体験談は 同じ思いをされている全国の方々に広く読んでいただきたいと切に思いました。

そして一人でも多くの方がお近くのヨーガ教室に通われ、 自信を持って病気を克服されることを心から願います。

「全て」改善(大倉山スタジオ K.Kさん)

私が一木ヨーガスタジオに通うようになって、早いものでもう三年が経ちます。

体験談を書くにあたって三年前を振り返り何が改善したかと考えてみると、体の全部「全て」なのです。

20歳位から、疲れたり冷えたりすると細菌性の急性膀胱炎になることが多くありました。

二人目の出産後からは頻繁に繰り返すようになり、抗生剤の多飲の為、薬を飲んでも効かない状態になりました。

炎症が膀胱の間質層にまでおよび、膀胱収縮がスムーズに出来なくなり排尿が困難で、常に残尿に悩まされていました。

痛みと副作用で日常生活が困難で、家事は上下可動式のいすを使って脂汗を流しながらやり、膀胱収縮を促進する薬のため 心臓の収縮も乱れ、倒れたこともあります。

たくさんのお医者さまに見て頂いた中で、「一生治りません」とか「原因不明の難病」などと言われ、そのたびに落ち込んでいました。

うわさを聞き、遠くの公立病院まで行ったこともあります。 その先生はペインクリニックも専門だったので、神経ブロック注射(尾骨にうつ痛みを和らげるための麻酔)を定期的に受けていました。

痛みは一時的に楽になるのですが、とても難しい注射だそうで、効きすぎて帰りは歩けないということもありました。

子供も小さいのにどうなってしまうのだろうと、いつも不安を抱えた日々でした。

そのほかにも三年前の私はとても体調が悪く、たびたび歩けないほどの腰痛や、胃腸炎に悩まされ、毎日病院・針・カイロに通い、 大量の薬を飲む日々でした。

歯や頭も常に重痛い感じで、足には大きなイボやタコがありました。 また生理も止まり、漠然と「あーこのまま老いていくのだなぁ。」とあきらめてしまっているような状態でした。

でも、現在の私はそんなことがあったことをほとんど忘れてしまっているくらい元気です。

たまに膀胱が少し重いとか、腰がギシギシいう感じなどはありますが、教えていただいたヨーガで大事に至ることなく乗り切っています。

針やカイロに通うこともなくなり、病院にもほとんど行かなくなりました。

「おかしいな。」と思っても、次の日には大体治っています。 抵抗力がついたんだなぁとしみじみ思います。

風邪を引いたら三、四週間は治らなかった以前の自分が信じられません。 生理も、不規則ではあるもののほぼ毎月来るようになり、なんだかうきうきしています。

一木先生が「体はつながっておりますから・・・。」とよくおっしゃいますが、まさにその通りで、どんどんつながって 改善していくのだなぁと実感しています。

今の気になる不調は「腸の動き」です。

ここまで良くなったのだからこの辺で良しにしようかなと思っていたところ、一木先生の 「あきらめないで、もっと良くなってください。」というお言葉に励まされ、先日カウンセリング・ヨーガを受けました。

まだまだ完璧というわけではありませんが、お腹の痛みや張った感じが軽くなり、食べたいものを美味しく食べられるようになりつつあります。

体調が良く、好きなものを美味しく頂けることで大きな幸せを感じています。

まだまだあきらめず、なりたい自分を目指してスタジオに通わせていただこうと思っています。

嬉しいことばかり(大倉山スタジオ S.Sさん)

私は去年の11月からこの一木ヨーガスタジオに通っています。

初めはどんなことをするのか不安でした。

人間がこんなことが出来るのかしらと、からくり人形が寝たり起きたりしているようで絶対無理と思いました。

ところが先生方のご指導のお陰で続けることが出来、今では嬉しいことばかりです。

初めに効力が出たのは便秘の解消でした。 4〜5日に1回でしたのが1日おきになり、又体温もこのスタジオに入ったときは34度しかなく恥ずかしくて何方にも隠していました。

今では35.8度まで上がりとても嬉しく思っています。

それから6年前に帯状疱疹にかかり、その後時々痛みを感じていましたが、その痛みも今では無くなり、主人も驚いています。

又、今年も人間ドックを受けましたが、内臓系もとても良い数値ですし、肺活量も年令の倍近い数字でした。

何かしているのですかと聞かれ、ヨーガに通っているということを話しましたら、ヨーガは体に良いですと後押ししていただきました。

今では毎日一木ヨーガに通うことが楽しみになり、感謝致しております。

痔が改善(大倉山スタジオ M.Aさん)

以前から「身体の硬さを改善したい!」という思いで一木先生のヨーガ教室に通い始めて1年半が経ちます。

硬い身体の改善はまだまだですが、先日ひとつ改善した事に気づきました! 上の子供を出産してから9年、ずっと悩みだった痔が改善していたのです。

一木先生はレッスン中に「ムーラバンダは痔にもいいですよ!」とおっしゃっていましたが、 ある時「そう言えば、今年の冬は痔で苦しまなかったなぁ」と・・・気がつきました。

毎年冬になるとトイレへ行く度に出血し、疼痛でお尻を床につけて座ることが出来ないこともしばしば・・・。 朝晩の痔の薬が手放せませんでしたが、今年の冬は自分が昨年まで痔で苦しんでいた事も忘れていました。

「毎日自宅でやっています!」とは言えませんが、週1回通っているだけでも少しずつ身体が良い方向へ向っていくヨーガって凄いですね!

まだまだ身体が硬いので、肩こりや冷えなどの不調はありますが、いつか改善されることを信じて、これからも通い続けていきたいです。

歳をかさねるのも怖くない(大倉山スタジオNさん)

九年前に母を見送って以来、毎年のように続けて双方の両親を見送りました。
特に実家の名古屋との往復を続けての看病は、かなりの負担でしたがなんとか乗り切り、後で寝込むこともなく 「結構私ってタフなのかも」と思ったりしたものでした。

しかしもともと体力に不安のあるタイプでしたからそんな訳ありませんでした。

すべてが終わって数ヵ月後、経験したことのない「大目眩」に襲われ、はってトイレに行き、3日程何も食べられない・・・ それを皮切りに体中に真っ赤な湿疹ができたり、朝起きたら手の指が曲がったまま動かないとか、ひざが痛くて曲がらなかったりとか・・・

どれも3〜4日で消えてしまうので、医者にかかることもなく、しかし「次に何が起こるのか」という不安を抱えた時期が続きました。 幸い、目眩以外は全部消えましたが、体力の低下が甚だしく、以前から続けていた水泳も却って肩こりがひどくなって頭痛を起こしてしまう始末です。

特に朝の体のこわばりは、一日の活動を始めさせてくれず、午後になれば今度は何もしないのに疲れて居眠りが出てしまうのです。 一体どうすれば改善できるのか・・・

この数年こうした最悪の状況からは多少改善されてはいましたが、体のこわばりは、全く変わりません。 このままこの不調は治ることはないのかも・・・

そう諦めかけていた時、ヨガに出会いました。一年ちょっと前です。

お教室を終えた時の爽快感は勿論なのですが、「毎日5分でも」というお話を伺ってからそんな短くて?と半信半疑でそれを実践してみると、 朝の体のこわばりは消えて「なんでもOK」というベストコンディションに早変わりです! お教室には頻繁に伺えませんが、これならできます。朝ヨガは今や必須です。これがなければ、固まったままの私です。

この一年、目眩も起こりません。冬の定番だった風邪も引きませんでした。 鼻洗浄を教えていただいたお蔭で花粉症もごく軽く終わりました。 ヨガのお蔭で行動力も考え方もずっとプラス思考になり、そして一木先生の広く暖かい気くばりに心身共に活力をいただいております。 もう私の辞書に「下り坂」はありません。歳を重ねることも気にならなくなりました。

限界なんてないものですね。
先生、本当にありがとうございます!

体の力を抜くことが大切(相模原カルチャー Uさん)

一木先生こんにちは! 昨日のヨーガで嬉しいことが2つあったのでメールしちゃいます☆

ひとつはいつも最後にやる逆転のポーズで石川先生に形を誉められたことです\(^o^)/ これは今年、「今月のテーマ」でやってた時、一木先生に「腰をそらしてみて」とアドバイスを受けてから自分の意識が切り替わったんですよ〜。

家でやる時も常に足を上げてから腰をそらすイメージをしながら練習してたんです(^o^)v 最初は力が入ってガチガチだったんですが、だんだん力が抜けて来て綺麗な形になって来たかな〜と思います!

もうひとつは、今月のテーマの逆弓ポーズをやってて、頭に体重をかけることだけを考えて体を上げた時、 頭が痛くなるかなと思ってたんですが今日はどこも痛くなく、体がスムーズに動いたんです。

体を上げようと頑張るのではなく、頭に重心を移すことだけを考えてた結果、 体に余分な力が入らないでポーズを作れたんだと思うのですが、、、。 私、頭立が苦手でいつも頭に体重がかかると痛くなっちゃうんですが、 今日みたいに余分な力を抜いて重心を移すことだけを意識したら頭立もスムーズに出来るのかも!と気付きました。

Tさん(同じ相模原クラスの生徒さん)が頭立が上手なのでコツを訊いた時、 「力はいらない。重心を頭にかけるだけ。それが出来たら足を上げるのはオマケみたいなモノ」と言ってたんですよね(^_^;) 力を抜くことが出来れば体は自然に動くんだ!ということを今更ながら発見しました(笑)

そして、これって人生にも言えるなぁ、なんて思いました。 余分な力は抜いてリラックスして、深呼吸しながら感謝の気持ちを大切に。 私はついつい頑張ってしまって、いろんな所に力が入ってしまうのですよね。 ヨーガから教わることがとても多いです(^-^)

ヨーガを始めて4年目ですが、まだまだ体は変わる可能性に満ちていること、 そしてヨーガの教えが自分の心の芯となりつつあることを実感して、わくわくしてきました☆ 改めてヨーガ大好き!と思いました(*^^*) ヨーガと素敵な先生達とのご縁に感謝☆です。

今月の25日は予定が入ってしまったので一木先生とお会い出来ないのですが、また来月、楽しみにしてます\(^o^)/ 25日から2年ぶりに大好きな屋久島に行ってきます。

屋久島と出会ったのはヨーガと出会って半年後、気管支喘息がひどく、仕事に行くこともままならず、精神的にいちばん辛かった頃でした。 その頃、家族のことも色々と大変で・・・いつだったか、八丈島に単身赴任したい、なんて言い出して先生にも心配かけちゃったことがありましたね。

あの後、少しずつではありますが、喘息も落ち着いて来て、この2年の間に自分自身の生活や仕事へのペース、 何より自分自身のココロを取り戻すことが出来たと感じています。

今でも風邪を引いてしまうとどうしても喘息が出てしまいますが、風邪を引く回数は以前と比べるとかなり減って来ているので、 やっぱり、丈夫になって来ているんだなぁと思います。 今回の屋久島は、そんな自分ご褒美旅行です☆ 屋久島に凄く私の好きな川原があるので、そこでゆっくりヨーガの呼吸法をやってみたい!と言う野望つきです(笑) 川の音と森の静寂に包まれて、素晴らしいエネルギー交換が出来る気がするのです。 写真は自宅近くの満開の桜です☆
雨が多いのでお身体ご自愛くださいね。 長々と失礼しました。 ではまた。

一木より
本当に素敵なメールありがとう!
このメールを体験談にそのまま載せちゃだめかなぁ? もし、Uさんが了解してくれたらあなたに少し聴覚に障害があることも書いてもいい?
ヨーガは誰にでもできるってことをみなさんに知ってもらいたいの。 もちろん、Uさんが人一倍努力しているたまものだけど (毎週私からのメールでちゃんと予習もしてくれたの覚えてます) また返事待ってるね。

そして、また返事がきました。

こんばんわ! 今週は仕事が忙しくてなかなか自宅のPCを開けず、ご連絡が遅れてしまいました。 すみません
体験談に私の耳のこともお話する件、全然OKですよ☆ そうそう、始めて1年位は予習してましたね〜。 最初のうちは月2回のクラスだったし、あの頃は身体の調子も悪かったので、続けられるか自信がなかったし、 教室でひとりだけついてゆけなかったらカッコ悪い・・・ なんて思いもありました(^_^;)

でも、今の毎週土曜のクラスに変わった頃から、少しずつ身体も元気を取り戻してきたし、 出来るポーズも増えて来て自信もついてきたんでしょうね☆
あと、毎日ヨーガを日課にすることで、ヨーガとの付き合いが自分の中でごく自然なものに変わってきたので、 必要以上に「学ばなければ」「覚えなければ」「出来るようにならなければ」と力む気持ちがなくなってきましたね。

予習をしなくても毎日やっているので、何となく自然に「どんなポーズでも大丈夫」と思えるようになった、と言うか・・・。 出来るかどうかは別として、ですね(笑)
今の教室は皆さん明るいし、仲がいいので、出来なくてもそれはそれで皆で笑っちゃったりしてて、 楽しめるんだってことも判って来たのも大きいですね☆

でも、私が一番驚いたのは、私よりはるかに年上のおばあさまと言っても良い年齢の方が楽しそうにヨーガをやっていることと、 もう一つは私より後から入って来たおばさまが、最初の頃は顔色もあまり良くなくて、ポーズもなかなか作れなかったのに、 ヨーガを続けているうちにどんどん顔色が良くなって、スッキリして、明るい雰囲気に変わって、 ポーズもどんどん出来るようになってきたことでした。

まさに、ヨーガのパワーをこの目で見ちゃいました!
ホントに先生の言うとおり、ヨーガは誰にでも出来て、効果も必ずあるものなんですよね。 ホントに、ヨーガと出会えて感謝の気持ちでいっぱいです♪ 明日も楽しみです〜。 ではでは! 夜遅くに失礼しました・・・。 雨が凄いですね。 お身体に気をつけて。

一木より
Uさんには少し聴覚障害があり、始めたころは毎回私が次回やるポーズのメニューを送り、それを彼女が予習してクラスに出て来られてました

一番前で私の口の動きを読んでもらってのクラスでしたが、彼女の持前の頑張りで何の支障もなく一緒にヨーガを楽しむことができ、 今日に至っています。

メールを読み返し、確かにこの4年間いろんなことがあったなぁと思い出しました。 何よりも、いつもニコニコ元気でかわいい彼女の笑顔に、元気づけられていたのは私の方だと感謝しています。 これからも、ずっとよろしくね。

リウマチ治療の一環で(H.Kさん)

ヨーガを始めたのは、リウマチの治療の一環で通院していたハリの先生から、アドバイスを受けたことがきっかけです。 全身のコリと緊張がとても強いので運動をしてください、私の体にはヨーガが良いのではと言われました。

その時は、ヨーガは自分には絶対できないものと思っていたので、ヨーガをやることを考えたこともなかったです。 正座も、床に手をつくこともできないのに、ヨーガができるはずがないと思い込んでいました。

その後もハリの先生から何度も運動を勧められたので、重い腰を上げ、自分にもできそうなやさしいヨーガを探し始めました。 一木ヨーガのHPにたどり着いた時、何か直感的にこのヨーガをやりたい!と思ったのです。 一木先生に今の体の状態を説明して、体験を申し込みました。

でも、果たして、ヨーガの体験を許可してくれるのか不安でしたが、先生はできるポーズだけにして、 できないポーズも正座もやらなくていいのですよと言ってくれました。
とにかく体験をしてみましょうと、一緒にチャレンジしてくれるかのようで心強かったです。

体験の日は、できないポーズばかりでしたが、終った後体が温かく、久しぶりに運動した爽快感と感動でいっぱいでした。 ハリの先生からヨーガの話をされて4,5ヵ月後、やっとヨーガを始めることができました。

ヨーガを始めた目的は、持病のリウマチがこれ以上悪くならないためと、他の病気にならないための予防と、 いつも疲れやすくだるい、胃腸が悪い、頭痛、肩こり、冷え性、便秘、アレルギーなどが改善して少しでも健康になりたいということでした。

リウマチが良くなれば嬉しいけれど、私のように進行している場合は、現状維持が精一杯で改善するのは難しいと思い込んでいました。 今でも健康に見られることが多いですが、慢性関節リウマチを発病したのは17年も前のことです。 健康そのもので体力だけは自信があった、アルバイトや遊びに忙しい学生時代です。 初めは微熱やだるさが続き、そのうちに手の指や足の甲などの関節の痛みが出てきました。

何の病気かわからず1年ぐらいが過ぎ、膝の痛みが出てきた時に初めて、リウマチかもしれないと言われたのです。 青春真っ盛りの時期に、リウマチは治らない病気で車椅子になる人も多いですと言われた時は、 何もかも奪われた気持ちで目の前が真っ暗になりました。

好きだったスポーツはできなくなりましたが、それでも気持ちを切り替えて就職をして、前向きに過ごしてきたつもりです。 たくさんの薬を服用して、リウマチに良いと言われることもいろいろ試してきました。 リウマチの入院やリウマチ以外でも怪我や入院を経験し、仕事もハードだったため、発病して10数年後には骨の破壊が進行してしまい、 両手首、両膝、左ひじの機能障害で身体障害者手帳を取得しました。

それでもリウマチを発病して17年、もっと症状の重く大変な患者さんも多い病気なので、今の状態を決して悲観的には思っていません。 でも、長年かけて悪くなったリウマチが、良くなることは考えにくいことだったのです。

週1回のヨーガを始めて約半年。家でも毎日続けてはいたものの、好きなポーズを1つから3つ、時間にして約5分位です。 ある日近所のスパでのこと。左ひじが悪く、髪の毛をしばることができない私は、温泉に入るときなどはシャワーキャップを使います。 その時はふと置いてあったゴムに目がいき、使ってみました。すると髪の毛をしばる事ができたのです。 家に帰って左手でコップの水を飲んでみました。両方とも7,8年ぶりにできたことです。心の中でヨーガってすごい!!と叫んでいました。

リウマチは天候に左右され、日によっては膝や手首など色々な関節が痛く、足を引きずることもあるし手を使えない日もあります。 でも、ヨーガを始める前と比べると、確実に左ひじの具合が良くなっています。今 まで右手だけでやっていた動作が、両手を使えることが多くなってきたのです。 現状維持でも難しいと思っていただけに、嬉しさと共に驚きでいっぱいです。

いまでは、他の関節も改善されるかもしれないという夢が膨らんで、ヨーガをやる楽しみが増えてきました。 これからもヨーガをずっと続けていこうと、続けられる体でいたいと強く思っています。

ヨーガを勧めてくれたハリの先生にも、ヨーガのすばらしさを教えてくれた一木先生にも、感謝の気持ちでいっぱいです。 一木先生が言ってました。ヨーガは誰でもやりたいと思った人ができるのよと。 もし、自分にはできないとあきらめていたとしても、一度体験して欲しいと思います。体は正直なので体験したら体がやりたいと教えてくれるはずです。

一木より
お会いした事もなく、メールだけでKさんの現状を教えていただき、とにかく一度体験にお越しくださいと、お返事しました。 初めてお会いした時は、とってもかわいらしい奥さまで、身体的にはごく普通の方という感じでした。

でもヨーガを始めるとかなりいろいろなポーズが困難な状態であることがわかりました。 無理なくできることだけゆっくりやってみましょう、とお話しして(これはみなさんに必ず同じ事をいいます。 Kさんにだけ特別に言ったわけではないですよ)あとヨーガを続けておやりになるかどうかは、Kさんの選択にお任せしました。

かなり困難な状態であっても、ヨーガを続けていくと必ず改善は望める、という思いはありましたが、 まさかこんなに早くいろいろいい事が起こってくるとは・・・本当に私のほうこそ感謝です!

みんなとヨーガをする事もKさんにとっては辛いかもしれないし、痛くないところまで動かしてねって言っても、 ただ、息をするだけでも痛いかもしれない状況で、よく頑張ってるよね。

一緒にヨーガを始めて3ヶ月程たったときKさんが「先生、いいことあったんですよ〜両手で髪の毛が洗えるようになりました」っておっしゃいました。 私はよかったね!って言葉が出る前に、あらためてKさんの厳しい現状を思い知らされました。 その時クラスにいた全員が同じ事を思ったんじゃないかなぁ。

私達はいつも当たり前に両手で髪の毛を洗っているんだもの・・・
講師を始めて20年以上が経ちました。いつも、正しくわかりやすく楽しくと心掛けてきました。 ただヨーガを伝えているだけなんですが、こんなにすばらしい思いを共感させていただける事に、心から感謝です。 いつもみなさんに感謝しています。ありがとう。

ティッシュ箱が手放せなかった(N.Tさん)

物心ついた頃からティッシュ箱を抱えていました。父も弟も同様で当たり前だと思っていました。 一番辛かったのは試験など集中する時鼻が垂れて来てそれどころではなく、ボーっとしてくる事でした。
また、ポケットティッシュを忘れた日は本当に焦ってしまいます。鼻をかんだ後のゴミも困ります(笑)

大人になり慢性鼻炎なのだとわかり一生お付き合いするものと思っておりました。 冷え性、肩こりもしっかりありこのままでは快適ではないぞ・・とはじめたのが一木ヨーガでした。

通い初めはティッシュ箱持参、横に完備しながらの1時間半でしたが、1年程でポケットティッシュすらいらないスッキリした自分がいました。
先ごろ父が蓄膿症の手術を受け膿を取り除きましたが、1回で済むのもではないよう・・放って置けば私も大事になっていたのかもしれません。 さらに冷え性改善、また根強い肩こりにはとても効くお気に入りのアーサナ(魚のポーズ)もでき、人並みの体の状態に幸せを感じています。

子供にも恵まれ、妊娠中は5ヶ月からヨーガを再開し、お陰様で安産でした。 助産婦さんに何かスポーツやっていた?股関節が柔らかいね〜身体をみればわかるわよ、とお墨付きをいただきました。 鼻から吸って鼻から吐く呼吸はお産にもとても良いのです。これからも先生の声に癒されつつ、面白い話に笑いをこらえつつ、 子育てにおわれ細々とではありますが、でも途切れることなく一木ヨーガを続けていきます

一木より
N子ちゃんとの出会いはHPを通じてメールをいただいた事でした。 メールをやりとりして一度体験に来る、ということになったので、駅で待ち合わせをしました。 まるで出会い系サイトのようにどんな方が来るのか(出会い系の経験はないですよ〜)ドキドキしたのを覚えています。

N子ちゃんはとってもかわいくて大学生さんだ、と勝手に思い込んでました。 さてヨーガを始めましょう、と言ったとたん箱ティッシュを出して来たので本当にびっくり。 そういえばとってもかわいいお顔の鼻の部分が若干赤かったかも・・・

箱ティッシュはいまではクラスの伝説となりましたが、呼吸をするのも苦しそうだったN子ちゃんがかつて本当にいたんですよね。 彼女にはもちろんヨーガの鼻洗浄を薦めました。これは生徒さん全員、鼻炎ではない方にも必ず薦めています。 風邪も引きにくくなるし、いつも言っていることですが、鼻洗浄は季節に関係なく続けてくださいね。

いまではかわいいお母さんになったN子ちゃんですが、かわいいS太を預けてヨーガに通っています。 以前より一緒できる回数は減ったけど、ずっと一緒にヨーガをやって行こうね。

アトピーの改善(京都町家クラス Tさん)

アトピーを治したくて、1年半前に一木先生のヨーガ教室に通い始めました。 当時の私は、両腕の皮膚が完全に崩壊し、顔もカサカサ。ステロイド(副腎皮質ホルモン)を塗ってもすぐに元通りで、 夜もろくに眠れないほどの痒みに苦しめられていました。 「もう薬に頼るのではなく、体質を根本的に変えよう」と決心し、玄米自然食とヨーガを始めることにしたのです。

初めてヨーガに行った日の帰り道の事を、今でも鮮明に覚えています。体じゅうがポッポッと心地よい熱に満ちていて、体がとても軽かったのです。 「何が起こったんだ!?」とびっくりしました。

その後、先生のヨーガCDを買って、ほぼ毎日、少しずつヨーガを継続すると、20年近く悩まされていた肩こりがほぼなくなりました。 過労ぎみのときに必ず悩まされていた腰痛もほとんど出なくなり、冷え性も改善した頃、自然とアトピーは治っていました。

一木先生のヨーガ教室は、無理なく自然に取り組むことができ、ポーズを長い間保つ時も、 先生の楽しいお話(ヨーガの奥義から先生の日常・爆笑エピソードまで・・・)を聞いているうちに、あっという間に時間が経ってしまいます。

逆転のポーズのときに爆笑エピソードを披露されるので、随分と腹筋が鍛えられました・・・。
習い事は苦手な私、しかも体が固くて前屈もろくにできなかった私が、「体が固い人こそ、ヨーガに向いているのよ」という先生の言葉に励まされ 通い続けるうちに、随分と全身が柔軟になりました。

今ではすっかりヨーガが日課となり、サボった日はなんだかスッキリしない=体が自然とヨーガを求めているようになってきています。 これからもヨーガを続け、”先生のような”美肌&スリムボディをめざしたいと思っていま〜す。

一木より
私も初めてTさんが町家ヨーガクラスに来られた時のことをはっきり覚えています。 一目見て随分辛い思いをして来られたんだなと思いました。 うっすらと血のにじんだ肌はとても痛々しく、なんとか改善されればいいんだけど、と思わずにはいられませんでした。

いまのTさんを見ていると、その時の印象は誰か別の人の間違いではと思うほど表情も暗かったですね。 要するに今とはまったく別人のようだったんです。

ただ、彼女の場合は(これだけの改善をたった1年半ほどで行うためには)彼女自身も言っているように、毎日ヨーガを実践されての今日なんです。 その努力には頭が下がります。文章で読むと「アトピーが治りました」と、これだけにしかなりませんが、 それってものすごいことだし、本当によかったですねって心から思います。

とっても楽しい漫画を書かれる漫画家さんでもある彼女の、これからのますますの変身「より美しく・より若々しく」を楽しみにしています!

動脈瘤が消えた(荻窪カルチャー Mさん)

私は一木先生についてヨーガを荻窪で習っています。もう5年になります。

さて、健康だった私に去年5月異変が起きました。MRIで脳の検査をしました所、右目の後ろに脳動脈瘤があると、大学病院の医師に言われたのです。 これは破裂すると、死亡率の高いくも膜下出血になるのです。私は目の前が真っ暗になりました。 私の好きだったおば様も、くも膜下出血でなくなっています。

でも主人がヨーガだけは続けたら?と言ってくれました。それで出来る範囲で続ける事にいたしました。 一木先生は「ヨーガで動脈瘤を治しましょう」と強い握手をしてくださいました。以後、ヨーガをしながら半年に一度のMRI検査を続けました。 その結果、今の西洋医学では決して小さくならないとされている動脈瘤が、直径4ミリ、2ミリと、半年ごとに小さくなり、 ついこの間の7月の検査ではまったく無くなってしまって、医師が「ここにあった筈だけどなぁ・・・ここの筈だけどなぁ」と、 首をかしげていらっしゃいました。そして「もうMさんはくも膜下出血になることはないよ」と言われました。

 一木先生のお蔭、ヨーガのお蔭です。感謝しています。

一木より
28年もヨーガをやっていると、私自身も含めて「奇跡」と思えるような事がいっぱい起こってきます。 Mさんのケースもそうですが、本当によかったですね。ただこのようなことはMさんにだけ起こる事ではないのです。 どなたでもヨーガを信じて、また自分自身の力を信じて精進すれば起こる事なのです。

みなさんもMさんのように決してあきらめないで、ゆっくりムリなくヨーガを行っていきましょう。 必ず素敵な事がいっぱい、いっぱい起こって来ますよ。 Mさん、これからもペースを変えずに楽しくヨーガやっていきましょうね!

安産を目指して(Y.Mさん)

ヨーガは1年半ほど家でインターネットで習っていましたが、第2子の妊娠5ヶ月から一木先生の教室に通い始めました。

第1子は吸引分娩で、納得のいくお産ではなかったのです。
妊婦に出来ない、やりにくいポーズの時は、先生がその都度指示してくださいました。 前屈はお腹を圧迫しない程度に。パシチモターナ・アーサナで前屈する時は、足を開いてやりました。 うつぶせになって反る時は、私だけ魚のポーズをやっていました。

鋤のポーズ、逆転のポーズは妊婦さんにはとてもいい!とおっしゃるので、家でもやっていました。 お腹が重くて持ち上がらなくなったら、先生にお尻と腰を持ち上げてもらいました。

1回の教室の中で、このようなやりにくいポーズは2〜3つくらいで、あとは皆さんとほぼ同じに出来たのではないかと思います(未熟な点は別として…)。 7ヶ月までは体調良く過ごしましたが、8ヶ月からはお腹が重く、足がむくんできつくなりました。

しかし、教室に参加するとむくみが軽くなり、便秘も解消されてすっきりします。 家では、先生お勧めの開脚、合せき、そしてむくみに効く足の基本体操をつとめて行いました。 最後は臨月に入った36週まで参加することが出来ました。

おかげさまでお産は超安産!入院して1時間、いきみをこらえているうちにつるんと生まれてきました。助産婦さんにも上手だったわねとほめられました。知らず知らずのうちに呼吸がうまく出来ていたようです。 産後の今は、抱っこや授乳で肩がこるので、首回しや簡易体操を時々行っています。 2人の育児に追われて教室には行けそうにありませんが、いつかまた参加したいと思っています。

一木より
一時期、一木ヨーガは「子宝ヨーガ」と言われた時期があって、お子さんに恵まれなかった方がヨーガを始められると次々妊娠され、 その後もヨーガを続けて全員安産、無事出産ということがありました。

Mさんはすでに妊娠されていて5ヶ月目から武蔵小杉クラスに来られたのですが、お目にかかっていろいろ経過等お聞きして、 彼女なら心身ともに健康で今からお預かりしても大丈夫ッと思って参加していただきました。

実際Mさんと教室で接していく中で、全てのことに前向きで真剣に取り組む姿勢が素晴らしいなぁと感心しました。 彼女なら何の不安もなく、ごくごく自然に出産されるだろうと思っていましたが、その通りのお産だったようですね。

助産婦さんに褒められたっていうところでは、だって私の生徒さんだものと、少し自慢してしまいました。 でもこのMさんの体験談を読まれて、いま妊娠されている方がいきなり「鋤・逆転」等のポーズをされたりしたら大変! 絶対やめてくださいね。 これはあくまでMさんだからできたことで、特に妊婦さんの場合はちゃんとした指導のもとでよく相談しながら行いましょう。

新たな生命が生まれるって本当に素晴らしい事ですよね。それも産まされるのではなく、ごく自然に産まれ出てくる、これが本来あるべき姿ですよね。

膀胱炎の改善(A.Hさん)

「ヨーガやり始めてから病院に行く回数減ったよね」私がヨーガの効果をはっきりと実感したのは、主人のそんな一言でした。

私は学生のころから泌尿器系が弱く、膀胱炎には本当に手を焼いていました。 何度も医者にかかって薬をもらい、きちんと治してもまた繰り返していました。 一方で、それとは関係なく「ただなんとなく」始めたヨーガ教室。初めのうちははっきりとした効果はなかったけれど 「体が軽くなって気持ちが良い」感じはありました。

そんな中で、先生から膀胱炎に効くというポーズを教えていただき半信半疑ながらも出来るだけ毎日続けました。 それから約半年。私は主人のその一言で「そういえば!!」とハッとしました。 日一日のめざましい変化はないけれど、良いほうへと変化していたようです。 完璧に治ったというわけにはいかないけれど、薬を飲まずして良い方向へ向かっているということに気付いてうれしい限りです。 ヨーガに出会えてよかったと思います。それもこれも「継続は力なり」、続けることに意味があるんですよね。

一木より
Hさんは若くてとってもかわいい奥様です。まだヨーガを始めて6ヶ月ですがどんどん健康になってこられています。 彼女の素晴らしいところは、とても素直に一所懸命ヨーガに取り組まれているところです。 そしてなにより毎日ヨーガをやる! これですよね。 みなさんにいつも「5分でいいから毎日やりましょう」と言ってますがなかなか毎日できないものです。 本当に健康になりたい! 自分を変えたい! と思われるなら、まず毎日少しずつヨーガを実践してみましょう。膀胱炎も完璧に治りますよ。

ずっと続けていきたい(J.Wさん)

ヨーガを始めてから今まで、目に見えてどこがどう変わったとか良くなったとか余り感じる事はなかったのですが、 先日履き慣れない靴を履いて歩き回り、家に帰ってから腰が痛くなりました。

あまり痛みが続くので整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。 でも骨にはまったく異常はなく、椎間板も綺麗で骨と骨の間隔もあって大丈夫ですといわれました。

私ぐらいの歳になると骨の間隔が多少狭くなってきたりしますが、レントゲンを自分で見てもつくづく綺麗な骨だなと思ってしまいました。 これはヨーガを、たとえ1週間に一度でも続けてきた結果ではないかと思いました。

私が初めてヨーガと出会った時の先生が、ヨーガをやっていると年齢が止まると言われました。 実際には年齢を止める事も老化を止める事も不可能ですが、 ヨーガや食生活等で老化のスピードを遅くする事は可能なのではないかなと言う事を感じました。続ける事が大事ですね。

ヨーガはこれからもずっと続けていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

一木より
Wさんの実際の年齢をお聞きした時、とてもそのお年には見えませんでした。 いつもとても若々しくて素敵なWさんはヨーガ暦15年です。 一木ヨーガのテーマである、より健康に、より若々しく、より美しく、をまさしく身を持って実践されている方だと思います。

疲れた心身に爽快感(Hさん)

私は一木先生のヨーガ教室に通い始めて約2年半になります。
初めてヨーガをやった時、あの痛気持ちいいという感覚はあのころの私の疲れた身体と精神にものすごい爽快感を与えてくれました。

今エステやリフレクソロジー等、人から与えられた気持ちよさが流行っていますが(これはこれで気持ちよくて時々はいいですよね)、 自分で自分を癒して健康になれたらこれはもう最高です。だって家で手軽に出来るものですから・・・。

今はまだ「毎日自宅でやってます!」と胸をはって言えないけれど、週一回のこのヨーガの時間は私にとってなくてはならないものになりつつあります。 先生の「ヨーガをやっている時は他人と比べるのではなく自分の身体の内面に目を向けて」という言葉は本当にそうだなぁと思います。

毎日、人との付き合いで、他人を気にしながら生きている事が多いですが このやり方でヨーガをすると自然にα波が頭の中から出ているのに気が付かされます。私、すっごくリラックスしているようです。 これからも先生の愛情あふれる指導よろしくおねがいしますね。

一木より
Hさんがヨーガをやっているのを見ていると、確かにとてもリラックスしてやっているのが伝わってきます。またヨーガを楽しんでやっていますよね。 これはとてもいいことです。私がヨーガを始めて5年間ぐらいは苦痛以外のなにものでもないという感じでした。 (ただ身体が少しずつ健康になってきていることだけが続けられた理由です) これからも本当に楽しく一緒にヨーガをやっていきましょう。

ヨーガによる自然治癒力と免疫力の向上に感心(Mさん)

ヨーガによる自然治癒力と免疫力の向上に感心しながらお稽古しています。 習い始めた頃は、種々の発見と驚きがありました。

あ、このアーサナをすれば肩こりが治る、あ、このアーサナをすれば腸の調子が良好になるというように、自分で感じ、 ヨーガのすばらしさに驚いたものでした。 今後ともよろしくお願いします。

一木より
Mさんは膝を痛めてらっしゃって、ドクターからはもう治らないと言われたそうです。 ところが先日私に「少しづつ良くなってきてるんです」とおっしゃいました。 すごいですね。お医者さまが治らないって言われたものを「ヨーガで少しずつ治していきましょう」と二人で喜びました。

風邪を引きにくくなった(Sさん)

私は、ヨーガを始めて6年になります。 もともと体が丈夫な方ではなく、1年に2-3回は風邪をひいていましたが、 ヨーガをはじめてからは、あまり風邪をひかなくなりました。

ヨーガをやっていると、体に気が流れるのがわかります。 シャバ・アーサナをしたとき、体が地面に沈む感じを2回ほど経験しました。 この感覚は、とても不思議な感じです。 脳にα波が発生しているような感覚にも似ています。 最近は、シャバ・アーサナをしても雑念が入っているのか、なかなかそのような感覚を味わう事ができませんが これからも続けていきたいと思います。(2002/5/21)

最初のころは、ウディーヤーナ・バンダを何度やっても内蔵が上がった感じがしませんでした。 4年目になってある日、突然、できるようになりました。 呼吸の仕方やいろいろなことができるようになってきたのだと思います。 ウディーヤーナ・バンダができたとき、急におなかがゴロゴロとなりだしました。 レッスンが終わった後にトイレに駆け込んでしまいました。 いつも便秘がちで、薬を飲まないとお通じが無い私ですが、ウディーヤーナ・バンダの後は気分爽快です。 ただ、家でやってもなかなかそうはいかないのがまた不思議。 何かが違うのでしょう。(2002/5/25)

一木より
ヨーガを始めてから風邪をひかなくなった というのはよく聞きますが、これってすごい事なんですよね。 その方の免疫力が高まってきている証拠です。Sさんもヨーガによって健康になってこられているんですね。 その後頂いた体験談は5月ウディーヤ−ナ・バンダをやっていたときのものです。 これはSさんにだけ特別起こることではなく、誰でも体験できる事なのです。 便秘で悩んでいるかたはぜひこのポーズをやってみてください。きっとSさんのような素晴らしい体験ができると思います。 家でやっていてもなかなかできないとのことですが、これにはいろいろな要因が考えられます。 まずウディーヤ−ナ・バンダをやる前に2〜3ポーズ身体を整えるポーズをやる(クラスではそうしてますよね)と、また集中力も違ってくるかも。 いずれにしても家でもどんどんやってみてください。必ず家でも同じ体験が味わえるときがきます。楽しみですね。

自分自身の本来の身体のリズムを取り戻したい(Iさん)

この4月から武蔵小杉のヨーガ教室に通い始めました。 ヨーガを始めた目的は、40歳代半ばを過ぎて、頭だけでなく身体も益々硬くなりつつあるのを少しでも柔軟にしたいのと、 ヨーガの呼吸法を通じ、自分自身の本来の身体のリズムを取り戻すことにあります。

週に1回のヨーガ教室ですが、平日の仕事の影響による肩凝りや首筋の痛みが和らいだ感じです。 身体は簡単には柔軟になりませんが、今後とも無理なくマイペースで継続したいと思っています。

一木より
4月から始められたIさんは確かに少しからだが硬いのですが、私も始めた時はとても身体が硬くて大変でした。 でもそれがとてもラッキーだったんです。少し前屈しても膝の裏が痛い。だからそこに気持ちが集中します。 ただ身体の響きのみを聞くことになるんです。ですからIさんもより早く身体によい効果を得られる事と思います。 またIさんの鍬と逆転のポーズが随分良くなってきているのでお聞きしたら、”毎日やってます”とのことでした 。 以前に私が”なにか1つでもいいので毎日やってみましょう”と言って、この2つのポーズをお勧めしたのを忠実におやりになっているんですね。 その調子でゆっくり進めていきましょう。

なんとなく(R.Iさん)

「やせられるかもしれない。そのうえ体が柔らかくなったら最高」と、なんとなくヨーガの体験クラスを受講してから1年余り。

残念ながらその願いはかなえられていません。そもそもヨーガに対する認識が少し間違っていたようです。 いずれにしろ、クラスは休みがち、自宅でも気が向いたときに数ポーズのみ、という劣等生では、何の変化が現れなくても不思議はないのでしょう。

ところが、受講開始から10ヶ月ほど経った頃、肩こり、腰痛、便秘、月経痛が軽くなってきたことに気づきました。 とくに、肩こりと腰痛にはかなり悩んでいたのですが、最近は1日中パソコンに向かっていても苦痛をほとんど感じなくなりました。

細々とではありますが私がヨーガを続けている理由は、「がんばって。でも決して無理はしないで」という一木先生のご指導が “他人に甘く、自分にはもっと甘い”私にはぴったりだったこと、 シャヴァ・アーサナのときの至福感(うとうとしてしまうことが多く、本来の目的を達していないのかもしれませんが)、 クラスが終わったときのなんとも言えない気持ちよさ、そして体内でも少しずつ変化が起きているかもしれないという期待感です。

何年か後には、もっといろいろな効果があったとご報告できることと思います。これからもどうかよろしくお願いいたします。

一木より
R.Iさんは私から見たらとてもこれ以上やせる必要のない素敵なスタイルをされています。 でも本当にやせたいと思ってヨーガをつづけていけばもちろんやせられますから、楽しみに続けてくださいね。 肩こり、腰痛、便秘、月経痛が軽くなってきたことは本当にすばらしいですね。

きっかけはめまい(M.Yさん)

私は5年前突然のめまいを起こしたことをきっかけに、ヨーガを始めました。 病院で検査をしても特に悪いところはなく、ストレスと運動不足が原因ではないかと言われました。 一応クスリをもらいましたが、何とかして自分の力で直したいと思いました。

ヨーガを始めてから少しずつですが精神的にも安定し、心地よくなってきました。 調子が悪くなると薬や医師に頼らず、具合の悪い部分を緩和するポーズをとるようにしています。 今ではヨーガは何よりも私の特効薬になっています。

一木より
M.Yさんが私のヨーガ教室にこられてもう5年も経ったのですね。 ご自分でどのポーズをすれば身体が楽になるというようなことがしっかり判っていらっしゃるのはすばらしいです。 ポーズを行っているときに自分の身体に意識を集中して身体の響きを感じる、それがとても大切なんですね。

膀胱炎が改善された(K.Tさん)

友達に誘われ、ヨーガを習い始めて一年がたちました。相変わらず体は硬いし、バランスを取るのも下手だし。
…と、目にみえる効果は少ないのですが、自分の中には”あ、このポーズは始めた頃はすごくつらかったけど今は足がつくようになったわ!” なんていう喜びはたくさんあります。

いちばん嬉しいのは、膀胱炎がよくなったこと。
何回か辛い思いをし、慢性的になったかしらと悲観し始めた頃にヨーガを習い、 お教室で“このポーズは膀胱炎にも効果がありますよ”と教わったときは“わー、楽しみ。本当に良くなるのかしら? 頑張ろう!” という気持ちでいっぱいでした。
今のところその兆候はでてきてないので、このままいけばいいなと思っています。

ヨーガが終わったときの気持ち良さは本当にいいですよ。これで健康になれたら最高ですね。  

一木より
私も膀胱炎にはほとほとこまっていました。完全に慢性になっていて何をやってももう治らないと思ってました。 でも パシチモターナ・アーサナが私を慢性の膀胱炎からすくってくれたんです。 もう20年以上膀胱炎になったことがないので、K.Tさんも絶対大丈夫ですよ。

人生まだまだ(大倉山スタジオ Aさん)

元々運動が嫌いで、文章を読んだり書いたり細かい手仕事が好きだったこともあって、 専業主婦時代からひどい肩こり、頭痛、腰痛に悩まされてきました。

子育ても一段落して仕事を始めましたが、趣味にこだわって職探しをしたため洋菓子工場で働くことに。
この仕事は、細かい手仕事も多い一方、かなりの力仕事もあります。

働き始めてから、頭痛、肩こりは軽減したものの、腰痛と背中のこわばりは更にひどいことに。 月に1〜2回全身のマッサージを受けるのがとても楽しみでした。

そんな時、ごく御近所の一木ヨーガ教室の体験レッスンのお知らせに気付き、早速受講。

柔軟性のまったくない体は、言われた体勢で座ることさえままならなかったのですが、 準備運動に相当する首のほぐしやら手足のほぐしやらがとにかく気持ちよく、 また「痛いところまでやらなくていいですよー、出来るところで保ってくださいねー」 「人と比べないでいいですよー、無理しないで自分の出来るところでいいですからねー」 という言葉に励まされ、しばらく続けてみようと入会したのです。

ひと月のお月謝が4,000円ちょっと。マッサージ一回分よりずい分お得、というのも 家計を預かる身には救いでした。

何回目かのレッスンで、一木先生に、人にほぐしてもらうマッサージには行かないよう、 自分でほぐせるようになるよう言われたのはちょっとした衝撃でしたが、 振り替え可の特性をフルに活用して、たどたどしくも週に一度レッスンを受け続けて一年半。

マッサージに通う必要はまったくなくなりました。

年末の仕事がピークの時期には背中の強いこわばりと腰痛で、床に膝を崩して座り、 ベットのマット部分に上半身を預けるようにして眠ったりしたものですが、 一木先生に教えてもらった腰を緩める動作を毎日続けることで、どうしたら楽になるかが分かり、 今はとりあえず普通に眠ることが出来るようになりました。

細かい作業のあと、急激に肩が凝ったりしたときは、足裏のマッサージと、足指の”スルメ裂き” がとても効果的。信じられない位楽になります。

まだまだ正しいポーズを取るところまではたどり着けませんが、楽になる方法を少しだけ知ったことで、 多少の無理にも余裕を持って対応できるようになり、色々なことに対する抵抗感が減ってきました。

体を動かすことが苦手だったはずなのに、夏に誘われた磯辺の生物観察がとても楽しく、 潮の加減の良い時は、早朝から日没まで、計算すると10数キロも足場の悪い磯を歩き回ったりしています。

筋肉痛にはなりますが、ヨーガで習った緩める動きでかなり負担が軽くなり、 仕事などの日常にも支障をきたしていません。

”休みの日は休養の日”だった頃に比べて、”楽しい休日”を過ごせるようになった今は、 とても充実しています。

40代半ばで一木ヨーガ教室と出合い、これからは衰えていく一方かしらと悲観的になっていたのが、 ”まだまだ”と思えるようになったことが一番の宝物です。

ヨーガそのものはまだまだ初心者ですが、いつかちゃんとポーズが取れるようになったら、 もっと人生楽しくなるかも、と薄く期待しながら、のんびり続けていこうと思っています。

予想外のバストアップ(大倉山スタジオ M.Tさん)

長年の鉄板のような肩こりと背中の張り。そのせいで偏頭痛もありました。

常々何か始めてリフレッシュしたいと思っていた所、一昨年大倉山スタジオが開設したのを機に、こちらへ誘ってもらい通い始めました。

正直始めはすごくヨガをやりたかった訳ではありませんでした。 なにせ通ってすぐに自分の体力の衰えと、身体の硬さと、何より鉛のように重い自分自身の体に凹みましたから。

でもヨガはあくまでも今のあるがままの自分と向き合って行うことが大切で頑張ってはダメと言っていただいて、気がつけば2年近く通っています。

ヨガをやって変わったことが幾つかあります。 始めはわかりませんでしたが、以前はあんなに悩まされていた肩こりがほとんど無くなり、身体が柔軟になってきました。 冷え性も少し緩和してきました。

そして最近わかったのですが、予想外の変化がバストアップでした。 中年のおばさんでも胸筋が付いてお胸がボリュームアップしたんです。 今やそれを誰が喜ぶわけではないけれど、私にとってはバストアップして呼吸と共に姿勢を意識するようになり嬉しい変化がま た一つ増えたのです。「継続は力なり」ですね。

こうしてヨガを続けて、先生がよく言われているように、自分のお気に入りや身体に合ったアーサナを見つけられたことも嬉しいことでした。 私の頑固な肩こりには鋤のポーズが一番効きます。 ウディーヤナバンダもよくやります。

今月の脇を伸ばすアーサナは、普段日常生活でこんなに脇を伸ばすことはないので、終わった後はものすごくスッキリしてとても気持ちいいです。

長くなりすみません。まだいろいろありますが、結論を言えば、「ヨガに出会えて良かった」ということです。本当に感謝感謝です。 これからも知らず知らず変化する自分を楽しみながら頑張らないでヨガを続けて行こうと思っています。

一木先生これからもよろしくお願い申しあげます。

椎間板ヘルニアの症状が改善(大倉山スタジオ E.Sさん)

一昨年秋、大倉山駅前に一木ヨーガ教室が開講されました。
パンフレットの先生のプロフィールに「佐保田先生に直接指導を受けた」とあり興味はあったのですが、 他ジムで水泳、腰痛教室また4年前からヨガにも参加していたのでそのままになっていました。

そして去年3月に大学生の娘にもヨガをさせたく、近いという単純な理由で娘と一緒に一木先生の体験レッスンを受けてみました。 レッスン前に 1、他のヨガ教室に参加しており 2、呼吸は腹式呼吸で(鼻から吸って口からはく) 3、レッスン後2〜3日筋肉痛が残ると先生に話しました。

すると「申し訳ないけどヨーガは鼻呼吸(鼻で吸って鼻からはく)で行い、筋肉痛があるようならやりすぎですよ」 そして「ヨガと言っている時点でそれはヨーガではありません」と言われ大変驚いた事を鮮明に覚えています。

実際体験レッスンを受けて自分の体に目を向けて行い、一つ一つゆったりとした動きと呼吸の密接な関係に驚き、 今まで習っていたのは「ヨーガ」ではなかったとはっきり体感できました。 1時間15分のレッスンが終わった時、身も心も軽く気持ちよくその場で入会してしまいました。 本物を知って初めて以前のヨガが偽物とわかりました。いままで信じていた4年間が本当にもったいなく思えました。

私は10年程前から椎間板ヘルニアを発症し、左足に痺れとひどい腰痛があり、 長く歩けずソファのような柔らかくお尻が低い位置にくる椅子には座れず、電車の座席でも10分以上座ることができませんでした。 寝るときもエビのように横になって休む状態でした。

湿布し腰痛ベルトをしても家事の合間に横になって休憩を取らなくてはならず、一生腰痛とつきあわなくてはならない生活に心も暗くなりました。 一人で横浜のデパートに買い物に行くことや、映画館で長時間座って映画を楽しむことが私の夢となりました。 また気管支喘息、橋本病もあり高血圧で2種類の薬も服用していました。

入会し、4,5月は週一回のペースでヨーガを始めてみましたが手や足の基本体操が難しくなかなか理解できませんでした。 習うならもっと納得しようと6月から以前のジムを休み、フリークラスに変更して出来る限り毎日参加してみました。

すると一回のレッスンの流れが解るようになり、同じメニューを一週間しますので意識が大切なポイントに向かい、 難しいアーサナでも6回目には少しはできるようになりました。

7月頃には腰痛を忘れて一日過ごせる日が出てきました。 また歩く姿勢も変化し、老犬の散歩(一日2回、一回30分)も一人でこなせる様になりました。 家では布団の上げ下ろしも出来るようになり、家事の合間に取っていた休憩がなくても食事の用意が出来るようになってきました。

8月には大学時代のクラス会が強羅であり一人で行ってくる事が出来、主人と「本当に良くなっているんだ」と一木先生に感謝しました。 この頃には血圧も安定し、一種類の薬の服用で過ごせるようになりこの冬もそのままで乗り切れそうです。 7月頃から体重も少しずつ減ってきて9月には8kg減り今に至っています。

10月に私にとって記念すべき100回目のレッスンを迎えました。と言うのも100回目にして初めて先生の補助なしで「すきのポーズ」が出来たのです。 この頃になると簡易体操、基本体操も理解できレッスンの流れも頭に入り自分の体の変化が楽しく、 夜風呂上りに不得手な「パシチモターナ」も練習しどんどんヨーガにはまってきました。

気持ちも明るく毎日が本当に楽しく、この年齢になって根気よく続けるエネルギーと目標を持って日々の生活を送れる幸福感を 感じられるようになりました。

こうなるともっと頑張れば完全に腰痛と縁がきれるのではと欲が出てきてしましました。 もう少し、もう少しと「パシチモターナ」を頑張ってしまい、又腰痛が出てきてしまいました。

一木先生にご相談した結果、「パシチモターナ」はしばらくしない方が良いのではとアドバイスをいただき、 ヨーガの鉄則である「痛いことはしない」を肝に銘じて自分の腰と相談しつつレッスンに参加しています。

11月、12月は瞑想がテーマでした。自分の気持ちを「内」に向け、「心を自由に解き放つ」とはなんと素晴らしいのでしょうか。 今までこのような体験が私にあったでしょうか。 全てのしがらみを捨て、自由に自分の心の中に入っていく幸せ、身近にこんなに心をウキウキさせてくれる方法があったなんて、 本当に一木ヨーガに入会し本当のヨーガに触れる事ができ感謝の気持ちで一杯です。

一木先生の「死ぬまで元気」と言うお言葉を私もモットーにしてこれからもヨーガで明るく楽しく過ごしたいと思っています。

私と一緒に体験レッスンを受けた娘は去年の夏から週一回レッスンを受けています。 毎夜、一人で50分くらいヨーガを復習しており冷え性や下半身のむくみも取れ元気に過ごしています。 また、主人も去年の5月より週一回のペースで通っています。レッスン終了後のスッキリ感が心地よく続けています。 主人は家で全くしませんが「血のめぐりが良くなり、気持ちが良い」と申しております。 長男は10、11月と2ヶ月しか続きませんでしたが「ネーティ・ロタ」は毎晩しています。 すごい鼻炎でレッスン中もティッシュがはなせないような状態でしたが今年の花粉症はまだ発症していません。 仕事が落ち着き、またレッスンが再開できることを望んでいます。

一木より
Sさんが初めてスタジオに来られた時のことはよく覚えています。お嬢さんの付添というかんじでした。 でも、結局そのSさんがまず入会されたので大変びっくりしました。

Sさんは本当に熱心で、スタジオでもとても人気者!
ほぼ毎日来られていますから、お見えにならない日は他の生徒さんから「今日はこられないのかしら?お体の具合でも悪いのかしら」 と心配されてらっしゃいます。 いつも、一番前の私から向かって右側でヨーガをおやりになっていますから、ほとんどの生徒さんはSさんを後ろから見ることになります。

昨年末頃から何人かの生徒さんに「後ろ姿では同じ人だとはわからなかった」と言われるほどの変身です。なにしろ8キロ減ですからね! もちろん全てはご自身の精進の賜です。始められた頃はそれまでのいろいろな辛い経験から大変慎重になっていらっしゃったので、 特に逆転のポーズなどはあるいみ恐怖でもあったと思われます。

それを、ただ私の言葉を信じて(ご自身での確信も何もまだないにもかかわらず)続けられた事には、本当に頭が下がります。 Sさん、まだまだいい事がいっぱい起こってきますよ!まだ、始まったばかりです。これからを楽しみにしてくださいね。 私はSさん以上にSさんの今後を楽しみにしています。

片頭痛からの解放(A.Gさん)

10代半ばに頭の片側だけにズキンズキンという頭痛を感じ、片頭痛と診断されるまでの間、 周りからは「子どもなのにここが痛いあそこが痛いって・・・年寄りじゃあるまいし・・・」と言われる事もしばしばありました。

元々、頭痛に伴う吐き気や嘔吐、目が見えないというような症状はあまりなかったのですが、 太陽は勿論のこと、蛍光灯の光によって痛みが生じることも少なくなくありませんでした。 生活から切り離すことができない「光」であるため、また一度具合が悪くなると、笑い声や小さな音までも耳障りで、 自由のきかない学校生活とうまく付き合っていくのが難しかった事を記憶しています。

ここ10年、頭痛の頻度が増すにつれて、光や音に対しての反応は軽くなっていきましたが、生理時に悪化することや、 頭の横から痛みが移動し、仕舞いには首がガックリと落ちるような目眩に悩まされるようになりました。

そんな20年来の付き合いである片頭痛とも、一木ヨーガに通うことをきっかけに改善されたのです。
ヨーガをはじめて3ヶ月、常に薬は携帯するものの服用する必要がなくなりました。 一木先生もよくおっしゃいますが、「リンパの流れがよくなること」、このことが何よりも薬になったのではないかと思います。

<その他の改善>
1尿量がふえ、顔・足のむくみがやわらぐ
2体温・血圧上昇
3指のささくれ・かかとのひび割れが減る など
これらの実感は、体の先端の方までリンパの流れがよくなった表れであると言えるはずです。

加えて、ヨーガを通じ、気を静めたり整えたりするだけでなく、みなさんと楽しみながら共有する時間が、 ある意味ビタミン剤になったに違いないと思っています。 一木先生をはじめ、クラスのみなさんに感謝、ありがとうございます。そしてこれからも宜しくお願い致します。

一木より
どなたか、片頭痛が改善されたという生徒さんを探していました。
私の数あった病気の中でも片頭痛はかなりなもので、それがまず完治に近い状態になったことを伝えたくて。 でもまさか、自分のサイトの体験談に「横浜のIさん」で載せるわけにも行かないしなぁ・・・と思っていたところ、 Gさんが「先生、私片頭痛が改善したんです」とおっしゃいました。

これは書いてもらわなきゃ、というわけで今回の掲載になりました。
私がこれだけ治ったんだもの絶対他の方も治るはず(いつも言ってますよね、私の体に起こった事は奇跡でも何でもなく、 みんなにも起こることなんですよ、って)

どんな病気もその病気になった方にしか本当の辛さはわからないと思います。 私の場合は、視野狭窄もあり伴う吐き気がすごく、いきなりどんなところでも頭痛が始まると吐き始めるという状態でした。

Gさん同様痛み止めを持たずに出かけることが不安で(実のところまったく効かないんですが、ないよりましかなぁ程度で) すぐに無くなってしまう頭痛薬を常に買い続けていました(いまではまったく薬を飲む事はなくなりました)

昨今ペインクリニックが大繁盛で(?)朝から診察に列を作るというニュースをみました。 片頭痛は私が脳波やいろいろな検査を受けた30年以上前から今日に至るまで、原因と根本的な治療が見つかっていません。 本当に辛い日々を過ごしている皆さん、ぜひぜひヨーガを始めてみてください。Gさんや私のように必ず改善されますよ。

3週間に1度だけだったお通じが・・・!(相模原カルチャー Tさん)

一木ヨーガを習い始めた目的は、物心ついた頃からずっと硬かった身体を少しでも柔らかくすることでした。 それまで、床に座って上半身を直角にするだけでも苦しかったのですが、 教室に通って4回目のとき、床に座った状態で上半身がほんの少しだけど前に曲がったのです。余りにビックリして声をあげそうになりました。

そして、その日、教室が終わったあと、一木先生に一木ヨーガのCDを買いたいと申し出ました。 家に帰っても興奮冷めやらず、一木先生に「身体が曲がりました!」とメールを送りました。 そのとき、一木先生から頂いた返事に、こう書かれていました。

ヨーガを続けてやっていると結果的には身体は軟らかくなりますが、 それだけを目的とせずより健康になっていく楽しみに目を向けてみて (もちろん、持てなかったところが持てるようになると嬉しいよね!) もし本当に身体が硬ければ絶対に何か支障があるはず。 それが改善できてくるといいよね。 ゆっくり、楽しみながら(硬いとなかなかそうはいかないけどね・・・)続けてみようね。 いい事がいっぱいいっぱい起こってくるよ。

次の週に、石川先生からCDを受け取りました。 もともと飽きっぽくて、何をやっても長続きしない性格なので、きっと今回も続かないんだろうなぁと思いましたが、 一木先生が、「3ヶ月毎日やって、何も効果がなかったら返金するからね。」とおっしゃっていたので、 返金してもらうのを目標にしようと思いました。

次の週に一木先生にお会いしたときに、「身体を柔らかくしたいっていってたけど、どこか身体悪いとこないの?」と聞かれました。 私は「別にないです。」と答えました。とにかく、身体が柔らかくなることだけが目的だったのです。

毎日CDを聞きながらヨーガをやっていて、ある日、逆転のポーズをしているときにお腹がグルルルルと音を立てました。 お腹の中で何かが動いたのを感じました。そのとき、あっ!と思いました。そして、ヨーガのあとトイレに駆け込みました。

私は物心ついた頃から身体が硬かったのですがそれだけじゃなく、ずっと便秘だったのです。
人に言うとビックリされるので今まで話したことがなかったのですが、3週間に1度しか出ませんでした。

でもそれが当たり前になっていて、特にそれを治そうと思ったことがありませんでした。 確かに3週間に1度苦しい思いをするのですが、それ以外に困ったこともないし、子どもの頃からそうだったし、 この先もずっとそうだと思っていたのです。

ヨーガを始めてまだ3ヶ月と少しで、CDを聞きながら毎日やるようになって2ヶ月ですが、2日に1度トイレに行けるようになりました。 お腹周りがすっきりして、こんなに身体って軽いのか、というくらい体調がよくなり、いつも乾燥して粉をふいていた顔が少ししっとりしてきました。 今まで調子が悪いのに気づかない位慢性化して、辛いのも辛いと認識できないくらい感覚が麻痺していたことに気づきました。 CD代を返金してもらう夢は破れましたが、今、一木先生に頂いたメールの意味をしみじみかみしめています。 これからもヨーガを続けて、更に健康になりたい、と欲が出てきました。ヨーガを続けたら、結果的に身体もきっと柔らかくなるはずです。 自分の将来が楽しみになってきました。

一木より
 ヨーガクラスが終って「先生、ちょっと・・・」とTさんに声をかけられたのは女子更衣室でした 「私は生まれてこの方、物心ついて今まで、お通じは3週間に1回でした」

更衣室の中はヨーガクラスではない方もいらっしゃいましたが、全員が「え〜〜〜っ!」と声をあげました。 そのTさんがヨーガを始めてたった3ヶ月で、2日に1回自然にお通じがある!!!

すごくないですか!それにTさんにとってヨーガを始めたのは「なんとか便秘を解消したい」と思っていたわけではなく、 ただ、身体が柔らかくなったらいいなぁっというものだったのに、想定外のものすごくいい事が起こったわけですよね。

ヨーガを行うと、血行が良くなる・リンパの流れが良くなる・気(プラーナ)の流れが良くなる。 要するに身体の中のいろいろな滞りがなくなる、ということですよね。

便秘とは便が体内に滞っている状態なので、改善されるのは当たり前。 ちょうど昨日もテレビで、体内の水銀量が多い方のほうが老化が進み、その有害な水銀は便で体外に排泄される、と言っていました。 ということはTさんはますます若々しくなる、ということですね!

3ヶ月前は一番後ろでヨーガを行っていたTさんですが、先週は一番前でガンバってたよね。 Tさん、もっともっといい事がいっぱい起こってきますよ。

自分の体が自分で作れるってすごい(大倉山スタジオ C.Kさん)

ヨーガをはじめて4年が過ぎました。気付いたことが3つあります。

1、動機ー目的は腰痛対策でした。
が、なんと体重が4キロダウン。(笑) 足の基本体操、好きです。ずっと弱点だった体のラインが嫌いでなくなりました。 腰もかすかにくびれてきたし、ねじるのもいいです。継続は力なり。。。 アーサナから呼吸へと意識を変えました。より達成感をかんじます。

2、基礎体温、あがったかな。
35度台まで下がっていた時もありました。いまは36度こえてます。 最近基礎体温をあげるといいことあります。という本が売れてますね。 暇なときに、体温をはかってます。冷えもちょつと気にならなくなってます。

3、シャバアーサナ・瞑想は苦手でした。
何かに身をゆだねるように脱力系でやってます。そこに居ることがとても心地よくかんじます。 日常から非日常へ、有から無へ、精神を行ったり来たりおもしろいです。 自分がどうしたいのか。なにが大切かはっきりします。

まだまだヨーガの旅はつづきます。自分のからだが自分で作れるってすごいよ、やっぱり。

体重10キロ減、ヨーガは指導者が大切(武蔵小杉カルチャー Jさん)

私が小杉のカルチャースクールのヨーガを習い始めたのが10年位前です。7年間は何人もの先生が目まぐるしく入れ替わりました。 別にこれといった変化は見られませんでした。肩こりが少し良くなったかなと思う位です 体が硬く、悪いところがたくさんありました。疲れると肩が凝り気持ちが悪くなる事が度々ありました。その度に鍼を打ちに行ってました。

3年少し前位から教室が一木ヨーガに変わり、一木先生の指導を頂くようになりました。気がつかないうちに少しずつ変化が出て来ました。 肩こり、腰痛、足の疲れ、むくみ等々が治って来たのです。

また同じ頃健康診断がありました。私の一番嫌いな体重測定です。体重計の針を見た先生が目を丸くして言いました。 こんな体重が続いていたら足にきますよ。全体重を足が支えているのですよ。目方を減らしなさい、と。
どうしたらいいのよ、減らせと言われても・・・

でもそれから3年。ひねりのポーズ、その他いろいろなポーズのお陰で少しずつ体重が落ちてきました。 ウエスト周りも細くなってきました。古い洋服も着られるようになりました。 今までは足が重く、痛く、階段の昇り降りも一歩ずつ、又後ろ向きで小さい子供が行うような格好で下に降りていた事もありました。

今では体が軽くなり、トントンと降りられるようになりました 1週間に1回のヨーガですが一木先生の言われるように行っていると、なんだかいろいろと良い事が起きてきます。 何事もあきらめないで続ける事だと思います。また、良い指導者に巡り会える事だと思います。 これからもご指導お願いいたします。

一木より
Jさんは初め足の痛みを私に訴えていらっしゃいました。 なんとか、普通に階段が降りられるようになられると良いなっと思って指導してきましたが、いまではクラスの全員が驚くほどの変身です。

「いったい、何キロ減りましたか?」とお聞きすると「10キロぐらいかなぁ」っとこともなげに・・・
すごい!ですよ。「家でも毎日ヨーガをやってらっしゃるの?」とさらに聞きただすと「先生とこの教室でしかやりません」ですって!!!

もちろん、ヨーガはできれば1ポーズでも毎日が理想ですが。 なんと私としかやらない、と硬く心に決めて(?)Jさんはこんなに変身されたのです。 1週間に1回でもこれほどですか・・・ヨーガの効果って本当にビックリしますよね。 (あ〜ぁJさんの写真を載せたい。私とヨーガをする前の写真と現在の写真・・・)

スカートがワンサイズダウン(Mさん)

ヨーガを始めてちょうど2年たちました。 教室の皆さんを見れば、いとも簡単に曲げたりねじったり、硬いからだの私には信じられない光景でした。 でも、少しずつヨーガの効果を、身体の内外に実感し、1年半が過ぎた頃、体重は1キロ位減っただけですが、お腹周りが少しすっきりしてきました。

私にとって夢のようですが、スカートがワンサイズダウンしました。 家で熱心にヨーガをやっていたわけでもなく、熱心にダイエットをしていたわけでもありません。 人並みに油物や甘いものは控えめにと心掛けてはいましたが・・・。今度は背中のお肉もここもあそこもと、望みは際限なく続きます。

一木より
後ろから見るとどなたかわからないほど素敵に変身されたMさんに、思わず「体験談を書いて」ってお願いしてしまいました。 そしていただいた体験談を読んでまたまたびっくり!たった1キロ位しか減ってないのにワンサイズダウンですか!!! 同じクラスメイトもどんどん素敵に変身されるMさんに興味津々でしたが、いつも皆で行っているヨーガだけだったんですね。 この体験談を読んで希望が沸いてこられた方も多いかも。 今やっているヨーガにもう1つなにかポーズをプラスしてみてはいかがですか。

うつ病・アトピーの改善(大倉山スタジオ K.Kさん)

一木ヨーガに通い始めて3年が経ちました。

通い始めた頃は、うつ病の発症と共にアトピーが悪化しており、肌がボロボロ。 体を動かす度に首や背中の皮膚がひび割れて痛かったのを思い出します。 シャバ・アーサナでも体の力が全く抜けず、毎回、3度目のシャバ・アーサナで ようやく少し体が緩むかな、という感じでした。

それでもヨーガを続けたのは、体験レッスンに初めて伺ったときに味わった あの解放感。『やっと私が必要としていたものに出逢えた!』という感動が忘れられな いからだと思います。

通い始めて数ヶ月ほどでアトピーはかなり改善しました。 半年ほど経った頃には、痒みでイライラすることが減り、眠りが浅かったり、 逆に寝過ぎたりという日がぐっと減りました。今では黒い服も着れるようになりました。

アトピーの方は分かって下さると思いますが、剥がれ落ちた皮膚がフケのように服に付くため、 黒い服は避けていたのです。

お陰様で、今まで派遣で働いていた会社で正社員になることが出来、 これで仕事の面ではうつ病で退職する前の状態に戻れたことになります。

ヨーガがなかったら毎日元気に前向きに働くことは出来ませんでした。 家事と仕事を両立する体力が養えましたし、この1年は病欠も全くしていません。 自分でも驚いています。体とは本来こんなにも軽いものなのですね。

他にも良い変化がたくさん起きました。
一木先生がよく仰ってますが、ヨーガは人生の宝です。 一木先生ならびに他の講師の先生方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

私の周りにはヨーガをやっているひとは何人もいるのですが、 シャバ・アーサナは眠る時間だと勘違いしてるひとや、 食後すぐにヨーガを行っているひと、前屈は出来るだけ体を前に倒すものだと 思い込んでいるひとなどがいて、惜しい!と思います。

せっかくヨーガを行うならば、正しくやらなければ勿体ないです。
一木ヨーガで色んな方が元気になられているのは、基本をきちんと教えて下さるからで はないかと思います。

これからも先生方に色々教わりながら、、ヨーガに励みたいと思っています。

うつ病の改善(M.Hさん)

一木先生にヨーガの指導をしていただくようになって、この12月で丸5年経ちました。

私がヨーガを始めたきっかけは、自分がうつだと気がついて病院に通い始めたとき、 「自分の力でもうつを治す努力をしよう」と思ったからです。

ネットで一木先生のヨーガ教室が近くにあることを知り、門をたたきました。

レッスンは週1回、あとは家では気が向いたときに週2回程度やっていました。
が、習い始めて1年経とうかという頃、一木先生から脳動脈瘤をヨーガで治した生徒さんの話をうかがって衝撃を受けました。

「ヨーガってそんなにすごいんだ!私も真面目にやらなくては」と思い、 それからほとんど毎日、ヨーガをやるようになりました。

パシモタナ・アーサナを中心に、ねじる・脇を伸ばす・そる・バランス、 そして最後に鋤と逆転とシャヴァ・アーサナをしてだいたい50分程度です。

私の場合、症状はほとんど体に出ていて、肩こり・倦怠感に悩まされていました。 胃の調子も悪く、うつの薬の他に胃薬も処方してもらっていました。

それがまず胃の調子がよくなり、胃薬はまもなく必要なくなりました。
そして何でも美味しくいただけるようになり、太ってしまいました。 最初に買った一木ヨーガのTシャツがもはや着られなくなりました・・・気に入っていたのに。

体重は一気に5キロも増えましたが、ヨーガを続けるうちに落ち着き、 現在は当初よりプラス2.5キロ程度でおさまっています。肩こりもかなり楽になりました。

それから、以前は痛み止めの薬なしではいられなかった生理痛が軽減され、 痛みはまだあるものの、もう薬は飲んでいません。

そしてなによりも、親しい友人から「最近やわらかくなっていい感じになったね」と言われました。
今年の初めのことです。

自分でも、心楽しい日が多くなり、気分的に明るくなったと感じます。 そしていろんなものに感謝できるようになりました。

現在も引き続きうつの薬は処方してもらっていますが、 調子がいいのでときどき飲み忘れるほどです。 医者もこの調子で薬を止めていきましょうと言っています。

ヨーガをやらないと体も気分もすっきりしないので本当は毎日やりたいのですが、 最近はなかなか毎日とはいかず、週1回のレッスンのほかは週3回程度、家でやっています。

でも、ヨーガをやっているおかげで自分の体のことがよくわかるようになり、 普段から姿勢に気をつけたり、私は巻き肩なので、肩が凝ったときに腕を斜め後の上方に引き上げるように伸ばすと楽になるなど、 自分で工夫できるようにもなりました。

ヨーガの最初にヴァジュラ・アーサナで座って自分の内側に目を向けるとき、 「今日もヨーガができて本当に幸せだなあ」と、自然と感謝の気持ちがわいてきます。

そして、一木先生のように、スポーツやファッションではなく、 真の健康法としてのヨーガを世に広めようと大変な努力をされていらっしゃる素晴らしい師に出会えたことに、 心の底から感謝せずにはいられません。

一木先生、本当にありがとうございます。どうかずっとずっと続けてくださいね。

不安定な体調が改善(大倉山スタジオ Hさん)

今日もありがとうございました☆ ヨーガを始めてからまだまだ日が浅いのですが色々変化があって報告したくなりましてメールさせて頂きましたm(_ _)m

元々私は体調が不安定でして月経前症候群がひどく、軽度のパニック障害があって電車(特に地下鉄)で 具合悪くなってひと駅ずつ降りながら帰ったりしてました。
なので仕事行くだけでも必死でしたし遠出もなかなか出来ず…だったんですが、 ヨーガを始めてから自分の体の様子を意識するようになっていかに普段から無駄な力が入って緊張して生活してたかと気づきビックリしました。

今でも電車で具合悪くなりかけるんですがそんな時は体を緩めてる時の状態を思い出して呼吸したりしてるうち、 急行もラッシュの電車も大丈夫になって来ました☆
生理前もいつもに比べてイライラが少ないし、肩凝りも減ってきました!!

まだまだ呼吸法もポーズも難しいですがやる度に発見があってヨーガにハマって来ました(^w^) 長くなっちゃいましたが、短い間ですが心身共に確実に変化があり感謝しておりますm(_ _)mこれからも宜しくお願い致します!

先生のトークも楽しみにしております(笑)では!

一木より
まだ始めたばかりなのに、力を抜くことの重要性を理解されて本当にすばらしいと思いました。

自分の体を制御出来る(M.Sさん)

*注釈*まず、初めにいつも体験談をいただいた場合、その原稿そのままを掲載させていただいています。 今回は読まれる前に少し注釈を入れておきますね。
最初に出てくる「アレ以外は」のアレとは、ウディーヤーナ・バンダを行うと自由自在に排便が可能になったということです(すごいですよね!) 劇的な変化です!そのことは後でちゃんと書いてあります。

もう1つ、ネーティ・ロタとは、鼻洗浄のポットの事で、このおかげで皆さん花粉症やアレルギー性鼻炎の改善がみられてますよね。 実はウディーヤーナ・バンダで排便がコントロールできるようになったという事をクラスで聞いたので、 それを書いてってお願いしたところ、以下のような体験談を受け取りました。読んでください。

「体験談を」と先生に言われて改めて考えました。劇的な変化は多くはありませんが(アレ以外は) 初心者の私にもそれなりに小さな変化があります。

まず、ヨガを始めようと思ったきっかけからお話しします。 私は3年ほど前にうつ病と診断されて一番症状がひどかったときは仕事を休んでいました。 幸い仕事ができるまでに回復しましたが現在でも月に1回心療内科に通い、薬も飲んでいます。

主治医の先生は自称(他称?)「走るドクター」。 講演会などで全国を駆けめぐっていらっしゃいますがランニングがご趣味のスポーツマンであり 私にも以前からスポーツを勧めていました。

極度の緊張から起こるパニック障害はほぼなくなりましたがときどき過換気発作を起こしていました。 酸欠になって深夜病院に担ぎ込まれて吸入したことも…
もともと呼吸が浅いこともあって主治医の先生からは「深い呼吸を心がけましょう」と ずーっと言われていました。

体験を申し込んで初めてヨガをやったときの気持ちよさ。 「内臓の動きは自分で制御できないと思ってるでしょう?ところが呼吸は自分の意志でコントロールできるんだよ」 主治医の先生のこの言葉が頭に浮かんできてヨガとの出会いは必然だったのかもと思いました。
その直後の通院時、主治医の先生にヨガを始めたことをお話しすると「ぜひ楽しみながら続けてください」と励ましてくださいました。

ところが制御できるのは呼吸だけではなかったのですね。 ウディーヤーナ・バンダにはビックリしました。 教室で初めてやったときは全くピンときませんでした。 改めて一木ヨーガのサイトで先生のお写真をみて「ひょえーっ、出来るの?こんなこと」と思ったくらいです。

お風呂に入ったとき、鏡を見ながらやってみて「なんか違うけど、続けてたら出来るのかなー?」くらいに考えていた私が、 驚きの翌朝を迎えたのです。 自律神経が失調していましたから便秘は当たり前でなかば諦めていました。 まだ完璧にゲットしたとは言えませんが「食べたら出る」「バンダをしたら出る」カラダに変わりつつあります。 ポーズが上手に出来ても出来なくても「カラダと対話する私」を楽しもうと思うようになりました。

ネーティー・ロタも楽しんでやっています。 最初から上手くできたのですがこれをやっている私を見て夫がひいたので思う存分すっきりするために、お風呂でやってます。

3月末で今の仕事の契約が終わり4月から時間に余裕ができるので(初めての専業主婦〜!) 6月半ばから3ヶ月、語学留学のため韓国に行きます。

長年の夢でしたが、病気で諦めていました。 充実した留学生活をおくるためには心も体も健康でいることがなによりも大切です。 これもヨガを始めたきっかけの1つです。 ソウルに行くまでに少しでも多くのポーズをものにして現地でも続けたいと思っています。 ソウルは排気ガスがひどいのでネーティー・ロタも持って行きます。

一木より
Sさんが、「ウディーヤーナをやると出る!ようになりました」とおっしゃった時、 周りにいたほかの生徒さんたちから「え〜〜っ すごいなぁ」と溜息が漏れました。 結構便秘の方いらっしゃいますよね。そうでなくても旅先などでなんだかリズムが狂った時、便秘になるという事はよくあることです。

そんな時に便秘薬じゃなくてウディーヤーナ・バンダで解消する、これって自分の体をコントロールできるようになったことなんですよね。すごい! でもでも、いつも言っているように心もコントロールできるようになるんですよ。 (身体と心と呼吸は三位一体です。身体がコントロールできるということは、呼吸も心もコントロールできるということなのです)

Sさんから体験談をいただいた時、あらためて掲載してもいいかどうかを尋ねました。 「もちろんいいですよ。ウディーヤーナの事を書くとき、自分の事を隠さず書かなきゃウソになるから」と言っていただきました。 ありがとうございます。この場を借りてもう一度感謝します。

ヨーガに来られる方で精神的に辛い思いをされていて、その改善を求めて来られる方がとても増えています。いろいろなケースがあります。 どなたもとても辛く、また、改善がみられるようになるまでに時間がかなりかかる方もいらっしゃいます。 どうか、あきらめないで私と一緒にヨーガをやった日だけ寝られるようになって来た方、 薬の量が少しずつ減ってきた方など改善されてきた方のお話もいっぱい聞いています。 Sさんの体験談がいろいろな方の励みになることを確信しています