今月のテーマのアーサナ

今月のテーマのアーサナ

一木ヨーガスタジオでは毎月さまざまなテーマを決めて、アーサナを行っています。 その月ごとのテーマのアーサナの行いかたを写真付きで解説しています。

2月のテーマ【簡易体操と基本体操】

横浜/大倉山のヨガスタジオ、簡易体操1番を行っている写真

今月のテーマは簡易体操と基本体操を毎回必ずどちらも行って、正しく覚えていきます。
一木ヨーガでは、佐保田鶴治先生が考案された「簡易体操と基本体操」を重視して行っています。 簡易体操は1~4、基本体操は手と足です。これらはとても簡単な動きでどなたでも行うことができ、さらにこれらを行うことによる効果は絶大です。
例えば、簡易体操1.2は腰痛を改善したい方には絶対におススメです。 また簡易体操3は風邪をひきやすい方や、肩こりを改善したい方、また片頭痛改善を望まれている方にぜひやっていただきたいです。 手の基本体操、足の基本体操もそれぞれに素晴らしい変化を身体にもたらしてくれます。
今月も休むことなくスタジオにお越しいただき、簡易体操と基本体操の効果を実感しましょう。
●重要ポイント●
簡易体操:じっくり保つ/基本体操:動かしているところに意識を向ける

方法と効果は簡易体操1です。

簡易体操1番

方法

  1. ヴァジュラ・アーサナ(両膝を閉じ、踵をできるだけ外に出し、背中をまっすぐに立てる)で座ります。
  2. 両手を両膝の前に着き、息を吐きながら背中をまるく目はおへそを見るようにします。
  3. 息を吸いながら、顔を上げ首の前を伸ばし、腰の下から反っていきます。
  4. 息を吐きながら、腰の反りを保ったままお腹から足に近づけるように、上体を倒していきます。(この時、両腕は伸ばしたまま上体を前に倒します)
  5. できるだけお尻と踵を離さずに額をマットに近づけ、しばらく静かな呼吸で保ちます。
  6. 息を吸いながらまず頭を起こし、さらに吸う息で上体を起こして両手を両膝の前に戻します。
  7. 効果

    • 腰痛が改善します。
    • 自律神経が整い、心身ともに快適に過ごせるようになります。

1月のテーマ【座法】

横浜/大倉山のヨガスタジオ、ヴァジュラ・アーサナ(金剛座)で座っている写真

2020年の1年間のテーマはアーサナを系統別に取り上げて行なう、としました。なので例えば、前屈が苦手な方はパシチマ系がテーマとなる月のクラスを月4回から8回に変更して、苦手を克服されるのもいいのではないかと思います。
まず今月、1月のテーマは「座法」です。
そもそもアーサナという言葉はわかりやすくポーズと言い変えてお話しすることもありますが、本来アーサナはアース(座る)という動詞が転化した名詞です。すなわちアーサナ=座法となります。
呼吸法も瞑想も、背中が真っ直ぐ伸びていてそして安定していて、尚且つ全身がリラックスした座法で行う事が重要となります。
要するに座る事からヨーガは全て始まるわけです。なのでヨーガにおいて正しく座れる事が大変重要となってきます。
今月はまずどのような座法があるのかという事と、それらの正しい座り方を学びましょう。もちろん膝に痛みがある方は無理をせず、一番座りやすい座法を探すのもいいかと思います。 (椅子を使用してクラスに参加されている方は従来通りに行います)
●重要ポイント●
背中を真っ直ぐに立て、それでいて全身がリラックスしていることを心がけましょう。

方法と効果はヴァジュラ・アーサナ(金剛座)です。

ヴァジュラ・アーサナ(金剛座)

方法

  1. 両膝を曲げ揃えて床に下ろし、足の甲も床に着けたところでお尻をかかとに乗せます。
  2. この時、左右の足の親指は軽く触れる程度で、足の裏を重ねません。
  3. 左右のかかとはできるだけ外に開き、安定よく座ります。
  4. お尻を少し後ろに出して、腰を前に押し出し腸骨を立てます。
  5. 背中もさらに真っ直ぐに伸ばし、肩の力は抜いて両手を腿に乗せます。
  6. 顎を少し引き、うなじを伸ばし、目を閉じて鼻からの静かな呼吸で自分の身体に意識を向けます。
  7. 効果

    • 膝の動きを良くして、膝痛の予防になります。
    • 足首の可動域を広げ、転倒のリスクを下げます。